手前みそ作りイベント

3月 18th, 2017

本日3月18日(土)は「手前みそ作りイベント」を開催しました。
昨年やまぼうしで作った手前みそを使ったお昼ごはん作り&みそ作りをしました。
やまぼうしの手作りみそは、例年「美味しい」と大好評です。その秘密は主原料の「大豆」にあります。提携農家さんに無農薬で作ってもらっています。収穫はスタッフもお手伝いに行きました。

まずはお昼ごはん作りからしました。

メニューは、豚汁、クレソンとキャベツの味噌和え、きなこのおはぎ&クルミ味噌のおはぎ、甘酒プリンです。やまぼうしの味噌を使った料理が満載です。

皆さんで協力して、予定通りの時刻に完成し、おいしくいただきました♪
味噌や甘酒を使った今回の料理は好評でした。会場は峰の原高原にある「時空の杜」さんの食堂をお借りしました。食堂はガラス張りで、雪と白樺の美しい景色を見ながらのお昼ごはんは最高でした。

 

お昼ごはんを作った後は、いよいよみそ作り。
大豆は、やまぼうしで事前に煮ておきました。

まずは塩と糀を混ぜます。

 

それから、煮ておいた大豆をミンサーでつぶします。

 

その後、混ぜた塩と糀 と つぶした大豆を手でこねこね。

 

それを容器につめます。今日はここまで。
このあと、半年間発酵させれば、手前みその完成です。

半年後、どんな味噌ができるのか楽しみですね♪
安全な材料を使って、手間暇かけて、自分の手で作った味噌の味は格別だと思います。
1人では大変な作業もありますが、みんなで協力して、楽しく作ることができました。

 

 

 

 

 

大人のジビエ

3月 13th, 2017

3月11日~3月12日に峰の原にある時空の杜(そらのもり)さんとのコラボレーションイベント”大人のジビエ”が開催されました。
今回はジビエをご存じない方だけではなく、ジビエをご存知の方達にもよりジビエを知っていただきたく、時空の杜さん全面協力のもと、宿泊ありのジビエイベントでした。


冬の峰の原の静寂の中、猟師兼料理人の茂木さんを講師にお迎えして長野の鳥獣被害の現状や、ジビエの意義について丁寧に教えていただきました。近年、日本人の森林利用の減少などにより、野生動物が人里に出てきてしまい鳥獣被害が報告される事が多くなってきたそうです。そういった被害を鑑みて野生動物の頭数調整のための狩猟が勧められているのですが、捕らえた動物を無駄にしないために、ジビエという活用方法が注目されているそうです。


これはシカやイノシシなどを捕らえるための”くくり罠”こういった道具や、猟師さんたちの連携プレーで狩猟が行われるそうです。

 

 

 


講義の後は実際にジビエを体験していただきます。今日ご用意いただいたのはシカとイノシシのお肉です。これを参加者の方々含め、皆で調理体験しました。


最終的にはこのようにおしゃれな料理ができました。
シカモモ肉のラグーソースパスタ、シカ背ロースのタリアータetc・・・・


料理体験の後は試食です。”大人のジビエ”の名に相応しく、素敵なジャズの生演奏付きでした。味の方は実際にイメージしていたジビエよりもクセが少なくてとても美味しくいただけました。個体にもよるそうですが、適正な処理をして手間ひまかけたジビエは臭みが少ないのだそうです。

 

 

 

 

翌日は峰の原をスノーシューで散策します。
真っ白な雪の林の中に足跡を発見!
ウサギやカモシカの足跡、もしかしたらニホンジカ?と思われる足跡もありました。実際の猟でも動物ののこした痕跡から動物の種類や群れの構成、性別、向かった方向などを推測して獲物を探すそうです。単純に狩猟といっても動物や森の知識などが無いと上手に獲物を捕まえられないのかもしれませんね。


講義と体験をゆったり、のんびり、じっくり過ごした”大人のジビエ”の2日間。人は鳥獣も森もほったらかしにせず、活用することが大事なのではないか?そんなことを感じた貴重な時間でした。

 

やまぼうし自然学校ではもう一つのジビエイベント”ワイルドジビエランチ”を3/25日(土)に開催予定です。こちらの方はジビエについてあまりご存知ない方に気軽にご参加いただき、ジビエの事を知っていただこうという、日帰りのジビエ体験です。ご興味のある方は是非、やまぼうし自然学校事務局までご連絡下さい。

上高地白樺ネイチャーガイド養成講座 第二回

3月 7th, 2017

今期2回目の上高地白樺ネイチャーガイドが開講されました。
今回は上高地の山岳地帯と植物について
ガイドの方を講師としてお招きして講義をして頂きました。

 


山岳地帯については上高地の地形の成り立ちを様々な角度から丁寧に教えていただきました。
“上高地周辺の険しい山と比較的なだらかな山の違いやその成り立ち”
“上高地はなぜ平なのか?”などなど、興味をそそられる内容が盛りだくさんでした。

 


植物については、一般的な植物や森林の知識と共に、
上高地で見られる植物について解説していただきました。
ケショウヤナギをはじめとする上高地特有の植物の不思議が少し明らかになった気がします。

 

私が講義で印象に残ったのは、今受けている講義はガイドをするための土台であるという事、
受けた講義の内容をそのまま話すのではなくどのように伝えるか、どのように使って
お客様に満足していただくかが重要という事です。
インタープリターを兼ねたガイドさんというのは知識だけあっても不十分であり、
お客様に楽しんでいただけるテクニックだけがあっても不十分なのかもしれませんね。

まだまだはじまったばかりの本講座、次回以降も楽しみです。

2016年度森でモリモリ遊び隊最終回~日曜日コース~

3月 5th, 2017

今日は森でモリモリ遊び隊日曜日コースの最終回でした。

昨日の土曜日コースに負けないくらいいい天気。

最初に親御さんも一緒に鬼ごっこ!!

走って体がぽかぽかになったら雪遊び

午後はこれまでの活動を写真と一緒に振り返りました。

遊び隊で楽しかったこと、できるようになったことを一人ずつ発表してもらいました

最後はみんなで「どうもありがとう」の締めで2016年度日曜日コースは終了しました。

たくさんの経験や体験をした1年間。

みんなにとって大切な時間になっていれば嬉しいです。

また菅平に遊びに来てね!!

1年間ありがとう!!

2016年度森でモリモリ遊び隊最終回~土曜日コース~

3月 4th, 2017

今日は2016年度森でモリモリ遊び隊最終回でした。

天気も良く雪遊び日和!!

今日は親子参加で雪で遊びました。

最後の雪遊び思いっきり遊びました。

午後は今までの活動を写真で振り返りました。

1年を通して楽しかったこと、できるようになったことをみんなに発表してもらいました。

季節を通して森でたくさん遊びました。

のこぎり、火おこし、小刀、テント、

野外料理、ドラム缶風呂、ロングソリすべり、スノーシュー・・・

たくさんのチャレンジをしてきました。

この思い出や仲間との出会いはかけがえのないものです。

これからもたくさんの事にチャレンジし、いろんなことを感じてほしいと思います。

また、菅平に遊びに来てね!!

根子岳スノーシュートレッキング!!

2月 26th, 2017

今日は絶好のスノーシュー日和

根子岳山頂までスノーシューで登りました。

奥ダボススキー場のリフトを使い、スノーシュースタート地点へ

アルプスもしっかり見えます

山頂まで出発!はじめは雪上車の道沿いに登っていきます

登るにつれ、木に樹氷ができています

風がなく登っていると暑いくらいでした

頂上近くにはスノーモンスターがたくさん

お昼は雪のテーブルで

暖かいお味噌汁と、練乳かけ雪のかき氷

 

帰りはそり滑りをしながら下りました

超ロングそり滑りコース

最後は森の中を抜けてゴール

本当に天気に恵まれ、寒くもなく楽しい1日を過ごしました。

超ロングそりすべり癖になります

またやりたい!!

 

 

 

スノーシューでパワースポット戸隠へ

2月 25th, 2017

2月25日(土)、「パワースポット戸隠へGO!」というイベントを開催しました。林野庁中部森林管理局北信森林管理署との共催のイベントで、戸隠の国有林の中を歩きました。中部森林管理局では富山・長野・岐阜・愛知の国有林の管理・運営をしています。

10時に戸隠神社奥社の参道入口をスタートし、鏡池を目指して森の中を歩きます。

 

木道には雪がこんなに積もってました。

 

 

青いブルーシート中には重機が入っており、植物を傷つけないよう重機が雪のある時しか入っていけないため、この時期に木道の修理をしているとのことです。

 

森の中には巣箱がちらほら。戸隠中学校の生徒さんが毎年作ってくれているとのこと。戸隠の森には100種類を超える鳥が生息しており、この日もアカゲラ、コゲラ、ゴジュウカラが見られました。

 

木に巻きついたツルマサキの影。影絵みたいで幻想的。

 

 

12時頃鏡池に到着!目の前に広がる戸隠連峰の絶景に感激!
ここで記念撮影♪そしてこの景色を眺めながらのお昼ごはん。
お昼ごはんを食べた後は、違うコースを通ってスタート地点まで戻ります。

天命稲荷の鳥居が雪に埋もれて、こんな高さに!冬でしか見られない光景。

 

冬芽も観察できました。表面がねばっとしているトチの芽に、
毛がふわふわしているコブシの芽。いろんな芽があっておもしろい♪

ツルアジサイの花が残ってました。きれいー。

随神門まで歩いてきて、記念撮影。

 

随神門にはキツツキがあけたと思われる穴がありました。

 

随神門から奥社へむかうスギ並木。道の両脇に高く、真っ直ぐに生えていて、美しい。

15時ごろスタート地点の参道入口に戻ってきて、終了。
グリーンシーズンには木道しか歩けないけれど、雪が積もっている今は普段歩けない道を歩くことができ、今しか見られない景色を見ることができました♪参加者の方々からは、今度はグリーンシーズンの戸隠の森を歩いてみたい!また来たい!との声が。

 

帰り道に戸隠スキー場に立ち寄り、こんな絶景もみられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキーピクニック~スキーこどもの日は菅平へバスで行こう~

2月 22nd, 2017

2月19日(日)は「スキーピクニック」というイベントを開催しました。
毎月第3日曜日は、菅平高原では「スキー子どもの日」で、小学生以下は
リフト券代金が無料になります♪それに合わせて、上田バスに乗って菅平に来て1日インストラクターさんにスキーを教えてもらい、子どもたちにスキーの楽しさと気持ちよさを感じてもらいたいという企画です♪
第1回は残念ながら、大雪警報にて中止となってしまいました。
第2回の今回は打って変って、晴天でスキー日和♪滑りながら、目の前に根子岳と四阿山も見えました。
初心者と中級者の2チームに分かれて、インストラクターさんに教えてもらいました。
初心者チームはリフトに5回、中級者チームは10回程度乗り、い~っぱい滑りました♪
第3回は3月19日(日)に予定しています。スキーやってみたい!という子どもたち、まだまだ滑りたい!!という子どもたち、菅平高原にあつまれ~♪

 

 

  

 

 

上高地白樺ネイチャーガイド養成講座 第一回

2月 20th, 2017

2月19日は上高地白樺ネイチャーガイド養成講座が開講されました。
この講座は『上高地や上高地におけるネイチャーガイド』について理解を深めていただき、
私たちと共にガイドとして働いていただける方々を増やしていこう‼という目的で開講している
2月~5月までの全6回の講座です。

今回はその第一回ということで、
自己紹介、講座のガイダンス、ネームバッジ作り、現役ガイドの方の体験談が実施されました。


今回は新規の受講生の方8名、昨年以前からの受講生の方で研修生が3名の方にご参加いただきました。皆さん初対面の方がほとんどなので先ずは自己紹介です。皆さんが様々な所から、色々な想いで本講座に臨まれていることを教えていただきました。


自己紹介の次はガイダンスです。この講座がどんな講座なのか?インタープリテーションとは何なのか?上高地のネイチャーガイドとはどんな仕事なのか皆さんに知っていただくための時間。皆さん真剣です。


午後はネームバッジ作りから始まりました。皆さん、個性あふれる世界に一つだけのネームバッジができました。
作ったバッジは次回以降の講座に着けてきていただき、講座の仲間や私達と親交を深めていって頂けたらと思います。


より、ガイドについて知るためには現役ガイドの方にお話を聞いてみましょうということで、実際に上高地で活躍しているガイドさんに来ていただき、体験談をお話ししていただきました。まだ、講座の無い時期からガイドデビューをし、いかにお客様に楽しんで頂くかを考えながら、少しづつ知識やスキルを習得していったガイドさんのお話は厳しくも、とてもためになりました。


【今回の参加者の方のネームバッジ】
体験談の間に、ネームバッジに塗ったニスが乾き、完成しました‼
色々な想いがありながらも、自然を愛している方々が集まる本講座。本講座を通して受講生の皆様には自然豊かな上高地の事をより深く知っていただき、一人でも多くの方々と一緒にガイドとして上高地を歩きたいと思いました。上高地のガイドとしてひよっこの私も皆さんと切磋琢磨しながら、皆さんのガイドデビューのお手伝いができるように頑張ります‼

手作りかんじきで冬の山を歩こう‼

2月 18th, 2017

今日は上田市の教育委員会生涯学習課主催の
『手作りかんじきで冬の山を歩こう』イベントのお手伝いをさせて頂きました。
イベント名にもある通り、なんと!かんじきを手作りします‼
しかも、材料は竹林整備で切った竹を使います‼

<a href="http://blog.yamaboushi.org/wp-content/uploads/P2180215_R.jpg">
まずは、炙って曲げた竹の棒を2つつなげてかんじきの枠を作ります。
この作業、思ったよりも力を使います。みんなで力を合わせてきれいな枠ができました。


次に、できた枠に縄を張って完成です。縄はできるだけピンと張ります。簡単そうに書きましたが、ロープワークは複雑で慣れるまでには
少し時間がかかりました。


かんじきが完成したらお昼ご飯です。上田市の方が豚汁をふるまって下さいました。
とてもおいしかったです‼


午後はいよいよ作ったかんじきを使ってみます。
わらじを履くようにかんじきを履いて‥‥いざ、雪原へ‼


午後はお天気もよくてとても気持ちのいい散策になりました。かんじきのお陰で50センチ以上積もっている雪に埋もれることもなく
快適でした。


雪の上には動物ののこしていった足跡がたくさんありました。これは、足跡が真っ直ぐについているのでキツネかな?

最後は雪を使って冷やして作ったアイスクリームを食べました。
冷凍庫を使わなくてもアイスが作れるなんて、極寒の菅平ならではですね‼

日本の雪国で少し前まで使われていたかんじき、
今日はそれを自分で作って、履いて、冬の菅平を満喫できた半日でした。