Archive for the ‘研修会’ Category

きれいな景色、美味しい料理、楽しい仲間♪

日曜日, 12月 4th, 2016

今日は「おらほの子育てを応援!とうみの自然体験活動指導者養成講座」
のお手伝いをして来ました。
お天気にも恵まれ、楽しい1日でした。
私の担当は
①「自然観察:ルーペ、ファーブル、図鑑の活用法」
②「ダッチオーブン&たき火」
会場の「四季の森」は広葉樹の森で樹種が豊富!
葉っぱの落ちた木と葉っぱの観察をしてもらいました。

ダッチオーブンでは「クリームシチュー」「鶏肉のグリル味噌ソース」「焼きリンゴ」
厚い鉄なべと、火の力でとってもおいしくできました。

参加者は保育士さんが多く、みなさんとっても楽しそうでした。
こんな先生に教わる子どもたちは幸せだと感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
 
 
 
 

しあわせの青い鳥

水曜日, 5月 13th, 2015

北京の自然学校の皆さんが、研修の途中に寄って下さいました。
やまぼうしの人気プログラムのネイチャートレイルを体験していただきました。

中国との共通点や違いを感じたり、教材のユニバーサル化を考えさせられました。

150513_1111 CIMG2539s CIMG2546s

幸運にもオオルリに遭遇、うれしい瞬間でした。
驚くことに、日本では稀なサンコウチョウの方がオオルリよりも目にする機会が多いとのこと。
CIMG2543s CIMG2544s CIMG2545s

良い野外活動が各地域で出来ますように。

森を知り、活かす実践講座 ①

土曜日, 11月 29th, 2014

森林の多面的機能を学び、もりの恵みを享受することを目的としたイベントを開催しました。
3月1日までの期間、全6回開催します。

1回目の今日は「道具の安全講習、樹木伐採、森林散策&観察会」
午前中は激しい雨だったので、室内での講習となりました。

森林整備では必須のチェーンソーの構造を理解することを目的として、整備をしました。
道具を知る=怪我、事故の軽減につながります。
今まで知らなかったこと、チェックのポイントを教えていただきました。

CIMG1125 CIMG1128

CIMG1131 CIMG1135

午後は雨も上がり、グレースの森へ出かけました。
最初に整備したチェーンソーの使い方を再確認しました。

CIMG1139 CIMG1144

次に選木の仕方について説明を受け、実際に伐倒作業を行いました。
森の所有者の希望する将来の姿をイメージして木を選びます。

CIMG1136 CIMG1154
CIMG1149 CIMG1152

最後に森林散策&観察をしました。
オオカメノキのかわいい冬芽や、野鳥のさえずりなど、
今の季節ならではの森を楽しみました。

CIMG1179 CIMG1176
CIMG1184 CIMG1181

次回は12月7日(日)10:00~15:00
森のツルや小枝、木の実を使ったリース作り、森林整備を行います。
同じ森を繰り返し味わう、毎回違った発見があります。
皆さまのご参加お待ちしています♪

 

リスクマネジメント研修第1回:無雪期の登山技術講習

金曜日, 10月 31st, 2014

外は紅葉まっさかりの菅平高原。

気持ちの良い秋晴れのもと、講師としてNPO法人信州まつもと山岳
ガイド協会やまたみの石塚氏をお迎えし、2014年度のリスクマネジメント
講習の第一回『無雪期の登山技術講習』を行いました。今回は特に、
『学校登山』に特化したテーマでの研修。

IMGP6240s
まずは室内での講習で、学校登山におけるガイドの役割、立ち位置、
等について学びました。

その後は全員で根子岳へ現場講習に。

生徒集合前の確認事項・集合時の話内容・準備体操等々、順を追って
一つづつみんなで確認。参加者の方もそれぞれ質問したり、「自分
だったらこうする」という話を交えながらの活発な話し合いをしました。

一通りの確認を終え、登山開始。
東屋まで登ったところで、休憩の際の声かけ・衣服調整・の確認
をしてから、アルプスの山々を眺めながら昼食休憩を取りました。

その後はそれぞれスタッフが基本の装備以外に工夫している救急
道具の披露会と、実際の搬送やロープワーク勉強会。

講師からの「あれもこれも持って行って難しい技術を使うより、
あるもので・シンプルに・手早く手当をする、ということが大事」
という言葉にみんな納得。

参加者の方からの活発な疑問や提案と、講師の的確かつユーモア
のあるアドバイスで、実りある研修会となりました。

第二回・第三回のリスクマネジメント研修会の詳細はこちらから!

IMGP6262sIMGP6271s
IMGP6280sIMGP6301s
IMGP6308sIMGP6317s

根子岳登山・搬送法研修

水曜日, 4月 30th, 2014

今日はインタープリターの皆様と根子岳登山と救急搬送法の研修を行いました。

今日の天気は雨。
しかし、体験学習の登山でも、突然の雨に見舞われることがあります。
雨の登山の危険性を把握するという意味では、研修日和のお天気となりました。

IMGP3584

登りながら子どもたちと登山をする時の注意点を話したり、
途中の休憩場所で意見交換したりしました。

IMGP3588IMGP3589

「はじめから濡れることがわかっていれば、ゴム製の手袋がいいよ」
「晴れているときは、軍手が通気性が良くて一番いいかも・・・」

服装や危険性を注意することで、予想外の天気でも、危険性を回避できるし、
登山を楽しむことができる。

予想外の天気に関わらず、自然の中活動する時には、
天気と上手につきあうことで、
よりその場を楽しむことができるではないかと思います。

IMGP3599

後ろを振り返ると、雲間からきれいな景色が見えました。

下山した後は、室内で救急搬送法の研修を行いました。

IMGP3612

IMGP3615IMGP3616

一人で搬送するより、複数で搬送したほうが圧倒的に
一人にかかる負担は少なくなることがわかりました。

IMGP3630

登山をする時に必ず持っているもので、上のような
搬送器具を作りました。

ザックの荷物は空にし、ストックに上着をまきつけ
写真のようにひっかけます。

IMGP3627IMGP3628

立ち上がる時は少し力を必要としますが、
立ち上がってしまえば、何も使わないで背中に背負うより
楽に歩くことができました。

グリーンシーズンに向けて、スタッフ、インタープリター一同
頑張っていきます。

 

 

 

 

 

 

スノーモービル講習会

水曜日, 3月 19th, 2014

皆さん、スノーモービルって見たことありますか。
ゲレンデでもよく目にしますよね。

ゲレンデや雪原などを長距離移動しようとすると、なかなか大変です。
事故など緊急を要する場合、スノーモービルは移動手段として、
非常に重要な役目を果たします。

今日は菅平高原アウトドアクラブの皆さんと、スノーモービル講習を受けました。

まずは、スノーモービルの構造、エンジンのかけ方から学びました。

DSCF4938

その後、重要なポイント!!!
「いかに体重移動をスムーズに行うか」
よし、まずはやってみよう!!

DSCF4945DSCF4948

DSCF4955DSCF4957

運転するまではわかりませんでしたが、結構体力使います。

回数を重ねるにつれて、少しずつ体重移動がスムーズに。
スノーモービルの重要性を学ぶとともに、菅平の景色とスノーモービルで走る爽快さを満喫。
スノーモービルの楽しいところも感じることができました。

次回の講習では今日より上達します!!

 

 

 

リスクマネジメント講習会

土曜日, 3月 15th, 2014

IMGP2935_R

 

 

 

 

 

 

 

今回のリスクマネジメントは、濱谷氏を講師に招き

「雪山のルートファインディング」

IMGP2940_R

 

 

 

 

 

 

コンパスの使い方、現在地や磁北線の割出し方、地形図の見方

等々を習い、冬におこりやすい問題についても話をしました。

そして、お昼をはさんで午後は外で実践!

IMGP2945_R IMGP2951_R IMGP2959_R

 

 

 

 

道を見失った時、自分の位置が分からなくなった時、目的地までのルートを探す時

色々なケースに備えて何度も何度も地図とコンパスを使ってみます。

 

そして、午前中に話した「冬の問題」。

いろいろな注意ポイントが挙げられ、今回歩いたところにその中の1つ、雪庇を発見!

IMGP2963_R IMGP2969_R IMGP2970_R

 

 

 

 

けみちゃんが身を挺してその危険を教えてくれました。

あるとわかっていても怖かったそうなので・・・

みなさんも雪上を歩く際はご注意ください!

 

最後は・・・

IMGP2984_R

 

 

 

 

 

 

少人数のグループに分かれてビバーク場所の設営に挑戦!

IMGP3009_R IMGP3026_R IMGP3003_R

 

 

 

 

IMGP3017_R IMGP3019_R IMGP3024_R

 

 

 

 

 

6グループ6様!

色んなビバークの仕方があることがわかりました。

 

リスクマネジメントは一度学べばそれでよし、というものではありません。

経験からうまれた疑問や対応策を持ち寄り、共有し、共通認識として情報交換を

していくことが大切だとのこと。正解も一つではありません。

そして、今回増やした引き出しがいざという時にあきやすいよう、

普段からの練習も忘れないように・・・

様々なケースに対応できる技を増やしていきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

やまぼうしスタッフ研修♪ in 鶴岡

土曜日, 11月 23rd, 2013

11月21日、22日に、やまぼうしスタッフで山形県の鶴岡市に行ってきました。
鶴岡市はなんと、はせじぃの故郷です♪
今回の研修の一番の目的は「温海かぶ(赤カブ)を収穫」して
「おいしい赤カブ漬け」を作ることです。

朝5時に事務所を出発し、いざ鶴岡へ。
途中、雨、みぞれ、雷に見舞われましたが、
無事、日本海側に到着!!

冬の日本海は、鉛色で激しい雰囲気がただよっていました。

長谷川家に直行し、さっそく赤カブの収穫です。

これが、温海(あつみ)カブの畑です。
かなり急斜面です。
温海カブは、鶴岡市温海地域の伝統野菜で、山の一部を切り開いて
草をかり、火を入れて、種を播く、焼畑農法で栽培されます。
400年も前からこのように栽培されてきたそうです。

 

もくもくと収穫しました♪

たくさん収穫した後、「虹が!!」久しぶりに見る虹に一同興奮♪

収穫した温海カブはこのように、洗濯機に入れて泥をおとします。
おちゃめなずけさんが写っています。

酢、砂糖と塩を入れて、漬けます。

できあがりが楽しみです♪

残りの時間は、樹齢1500年の玉杉を見たり、鶴岡ユースホステルを訪ねて森を案内していただいたり、
世界一のクラゲの水族館、羽黒山登山、即身仏を見学したりと、鶴岡を満喫しました。

これからスノーシーズンです♪
やまぼうしスタッフ一同、頑張ります!!

インタープリター養成講座 in 長野

日曜日, 4月 28th, 2013

本日参加した皆さんです。

インタープリター養成講座 in 長野」は、同じ内容を水曜日と
日曜日の2回に分けて開催します!!

平日は仕事で参加が無理!!という方でも、参加できますよ!!

日曜日は、まだ空きがあります!!
自分が興味ある日だけを選んで、参加することも可能です!!

「森の遊び方、伝え方を学びたい人」「キャンプの達人になりたい人」
「仲間を増やしたい人」!!

ぜひ、検討してみてください。

第1回は、窯焼ピザづくりの他に、「ネームバッチづくり」をしました。

木の輪切りに下書きをします。

その後、アクリル絵の具でペイント!!

絵の具が乾いたら、裏にクリップをつけて、ニスを塗り完成です!!

完成したネームバッジです。

個性豊かな絵と、「キャンプネーム」が書かれています。

自分の名前を呼んでもらえるって嬉しいことですよね。

子ども達と森で遊ぶ時も名前を呼び合うだけで、一気に距離が
縮まります。

4月から新しい環境での生活になって、まだあまりしゃべった
ことがない人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、思い切って、その人の名前を呼んでみるといいですよ!!

これは、笹をクッキングシートの代わりにして、ピザを作っている
時の様子です。

自分たちも楽しみながら、「子ども達に教えるポイント」を
学びました。

自然で遊び考え、楽しみ、厳しさを伝えられるように、
私たちも頑張ります。

ホスピタリティーを学ぶ

土曜日, 12月 17th, 2011

やまぼうし自然学校は、毎年年末に1泊で「評価会」を行います。スタッフと会員が集まり、今年を振り返り来年の方針を話し合う日。
今回は研修として、航空会社の方を講師に招き、「ホスピタリティー」を学びました。

話の分かりやすさは、内容が単にホスピタリティーにとどまらず、それをいかに伝えるかを、われわれ指導者になぞらえて組み立てられたゆえ。「自分が経験したことでしか伝わらない。」の言葉通り、豊富な経験にもとづいた「接客方法」や「社員教育」は、非常に説得力のあるものでした。

そのひとつが、数々のトラブルやクレームとそれに対する対応。
クレームの真意を理解しようとする誠意が伝わった瞬間、ファンに変わることがある、というお話が印象的でした。
口にするのは簡単な「誠意」。伝えるのはそう容易なことではありません。

「クレームは絶対あった方がいい。よりよくなるチャンスだから。」
やまぼうし自然学校もこれまで、お客様の「厳しい意見」に支えられてきました。そのとき、誠意ある対応ができていただろうか・・・わが身を振り返るよい機会でした。

厳しい意見は、ぜひ欲しい。
同時に、それをありがたく受け止められる“器”を備えていたいと思う。
やまぼうしが来年、ファンを増やせるかどうかの試金石。
この石を、大事に磨いていきたいと強く思った研修会でした。