Archive for the ‘講習会’ Category

第2回インタープリター養成講座~日曜コース~

日曜日, 7月 5th, 2015

今回の講座は夏のキャンプアシスタントの学生も加わり13名。

賑やかに始まりました。

 

第2回はキャンプの技術と野外料理について。

朝はスライドを見ながらやまぼうしキャンプのイメージをふくらませてもらいました。

やまぼうしが大切にしていること、大人の立ち位置などなどをお伝えしました。

 

そして、あとは実践あるのみ!

まずは野外料理。

細かい説明はなしでも、さすが大人!じゃんじゃん作業が進みます。

IMGP9353_RIMGP9351_RIMGP9356_R

 

 

 

 

ちょっとつまみ食い♪

IMGP9359_R

 

 

 

 

 

 

 

今回のメニューは釜炊きご飯、竹ハンバーグ、スープ、燻製にキャンプパフェ。

皆で力を合わせて作った野外料理でこの笑顔!

IMGP9360_R

 

 

 

 

 

 

午後はロープワークを数種類にテントたて。これまた皆さんスイスイ!

お天気もなんとかもってくれたので良かった!

次回は9月。

ちょっと間があきますが、涼しくなった菅平でまた会いましょう!

 

 

 

上高地ネイチャーガイド養成講座⑦(最終回)

日曜日, 5月 10th, 2015

1月から始まった上高地ネイチャーガイド養成講座も最終回を迎えました。
今回は、受講生のご提案もあって前日に交流会を松本市内で開きました。

色々なお話しで盛り上がり楽しいひと時でした。
CIMG2305

最終回は徳沢まで足を延ばしました。
短い期間に何回も上高地に来ているので、木々の変化や 雪解けの変化も感じることが出来ました。

今回も快晴、全7回全て良いお天気に恵まれました。

CIMG2306s CIMG2309s CIMG2312s
CIMG2315s CIMG2320s CIMG2335s
CIMG2338s CIMG2342s CIMG2347s
CIMG2351s CIMG2355s CIMG2371s
CIMG2391s CIMG2410s CIMG2454s
CIMG2475s CIMG2492s CIMG2500s

徳沢で集合写真
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新たな仲間ができました♪

 

森を知り、活かす実践講座 ②

日曜日, 12月 7th, 2014

第2回目は前日に積もった雪で、前回とは全く違った様子の森に変身していました。

午前中は冬芽や種、色彩を失った森で別の光を探しました。
CIMG1185加工 CIMG1190加工
オオウバユリ     オオカメノキ

CIMG1193加工 CIMG1194
リョウブ       ウリハダカエデ

色彩が無い分、形の面白さが光ります。
オオウバユリの鞘の中にはきれいに並んだ種たちがビッシリ。
オオカメノキは万歳している形がかわいい。
三角帽子を被ったリョウブの冬芽は間もなく裸んぼうになって、冬を越します。
ウリハダカエデは色も、模様も目立って「猫の目みたい」と子どもたち。

ふわふわの雪の感触と種や冬芽を楽しんだ後は、冷えた体を温めに事務所でランチタイム。

午後は一番に、森で拾った宝物を使ったクラフト作り
IMGP7016
同じ材用で個性豊かな作品に仕上がりました。
残念ながら、皆さんの作品の写真は撮影し忘れてしまいました~

続いて森へ出かけ、森林整備をお行いました。
最初に選木をし、チェーンソーを使って伐採し、子どもたちは玉切り作業をしました。

CIMG1206 CIMG1220

ヘルメット姿も板につき、ノコギリも上手に使えました。

今回の様子は1月17日(土)17:00から信越放送「エコロジー最前線」で放送されます。

次回は1月17日(土)森林散策&アニマルトラッキング、森林整備
皆さんのご参加お待ちしています!

森を知り、活かす実践講座 ①

土曜日, 11月 29th, 2014

森林の多面的機能を学び、もりの恵みを享受することを目的としたイベントを開催しました。
3月1日までの期間、全6回開催します。

1回目の今日は「道具の安全講習、樹木伐採、森林散策&観察会」
午前中は激しい雨だったので、室内での講習となりました。

森林整備では必須のチェーンソーの構造を理解することを目的として、整備をしました。
道具を知る=怪我、事故の軽減につながります。
今まで知らなかったこと、チェックのポイントを教えていただきました。

CIMG1125 CIMG1128

CIMG1131 CIMG1135

午後は雨も上がり、グレースの森へ出かけました。
最初に整備したチェーンソーの使い方を再確認しました。

CIMG1139 CIMG1144

次に選木の仕方について説明を受け、実際に伐倒作業を行いました。
森の所有者の希望する将来の姿をイメージして木を選びます。

CIMG1136 CIMG1154
CIMG1149 CIMG1152

最後に森林散策&観察をしました。
オオカメノキのかわいい冬芽や、野鳥のさえずりなど、
今の季節ならではの森を楽しみました。

CIMG1179 CIMG1176
CIMG1184 CIMG1181

次回は12月7日(日)10:00~15:00
森のツルや小枝、木の実を使ったリース作り、森林整備を行います。
同じ森を繰り返し味わう、毎回違った発見があります。
皆さまのご参加お待ちしています♪

 

リスクマネジメント研修第1回:無雪期の登山技術講習

金曜日, 10月 31st, 2014

外は紅葉まっさかりの菅平高原。

気持ちの良い秋晴れのもと、講師としてNPO法人信州まつもと山岳
ガイド協会やまたみの石塚氏をお迎えし、2014年度のリスクマネジメント
講習の第一回『無雪期の登山技術講習』を行いました。今回は特に、
『学校登山』に特化したテーマでの研修。

IMGP6240s
まずは室内での講習で、学校登山におけるガイドの役割、立ち位置、
等について学びました。

その後は全員で根子岳へ現場講習に。

生徒集合前の確認事項・集合時の話内容・準備体操等々、順を追って
一つづつみんなで確認。参加者の方もそれぞれ質問したり、「自分
だったらこうする」という話を交えながらの活発な話し合いをしました。

一通りの確認を終え、登山開始。
東屋まで登ったところで、休憩の際の声かけ・衣服調整・の確認
をしてから、アルプスの山々を眺めながら昼食休憩を取りました。

その後はそれぞれスタッフが基本の装備以外に工夫している救急
道具の披露会と、実際の搬送やロープワーク勉強会。

講師からの「あれもこれも持って行って難しい技術を使うより、
あるもので・シンプルに・手早く手当をする、ということが大事」
という言葉にみんな納得。

参加者の方からの活発な疑問や提案と、講師の的確かつユーモア
のあるアドバイスで、実りある研修会となりました。

第二回・第三回のリスクマネジメント研修会の詳細はこちらから!

IMGP6262sIMGP6271s
IMGP6280sIMGP6301s
IMGP6308sIMGP6317s

スノーモービル講習会

水曜日, 3月 19th, 2014

皆さん、スノーモービルって見たことありますか。
ゲレンデでもよく目にしますよね。

ゲレンデや雪原などを長距離移動しようとすると、なかなか大変です。
事故など緊急を要する場合、スノーモービルは移動手段として、
非常に重要な役目を果たします。

今日は菅平高原アウトドアクラブの皆さんと、スノーモービル講習を受けました。

まずは、スノーモービルの構造、エンジンのかけ方から学びました。

DSCF4938

その後、重要なポイント!!!
「いかに体重移動をスムーズに行うか」
よし、まずはやってみよう!!

DSCF4945DSCF4948

DSCF4955DSCF4957

運転するまではわかりませんでしたが、結構体力使います。

回数を重ねるにつれて、少しずつ体重移動がスムーズに。
スノーモービルの重要性を学ぶとともに、菅平の景色とスノーモービルで走る爽快さを満喫。
スノーモービルの楽しいところも感じることができました。

次回の講習では今日より上達します!!

 

 

 

リスクマネジメント講習会

土曜日, 3月 15th, 2014

IMGP2935_R

 

 

 

 

 

 

 

今回のリスクマネジメントは、濱谷氏を講師に招き

「雪山のルートファインディング」

IMGP2940_R

 

 

 

 

 

 

コンパスの使い方、現在地や磁北線の割出し方、地形図の見方

等々を習い、冬におこりやすい問題についても話をしました。

そして、お昼をはさんで午後は外で実践!

IMGP2945_R IMGP2951_R IMGP2959_R

 

 

 

 

道を見失った時、自分の位置が分からなくなった時、目的地までのルートを探す時

色々なケースに備えて何度も何度も地図とコンパスを使ってみます。

 

そして、午前中に話した「冬の問題」。

いろいろな注意ポイントが挙げられ、今回歩いたところにその中の1つ、雪庇を発見!

IMGP2963_R IMGP2969_R IMGP2970_R

 

 

 

 

けみちゃんが身を挺してその危険を教えてくれました。

あるとわかっていても怖かったそうなので・・・

みなさんも雪上を歩く際はご注意ください!

 

最後は・・・

IMGP2984_R

 

 

 

 

 

 

少人数のグループに分かれてビバーク場所の設営に挑戦!

IMGP3009_R IMGP3026_R IMGP3003_R

 

 

 

 

IMGP3017_R IMGP3019_R IMGP3024_R

 

 

 

 

 

6グループ6様!

色んなビバークの仕方があることがわかりました。

 

リスクマネジメントは一度学べばそれでよし、というものではありません。

経験からうまれた疑問や対応策を持ち寄り、共有し、共通認識として情報交換を

していくことが大切だとのこと。正解も一つではありません。

そして、今回増やした引き出しがいざという時にあきやすいよう、

普段からの練習も忘れないように・・・

様々なケースに対応できる技を増やしていきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

インタープリター養成講座 in 長野

日曜日, 4月 28th, 2013

本日参加した皆さんです。

インタープリター養成講座 in 長野」は、同じ内容を水曜日と
日曜日の2回に分けて開催します!!

平日は仕事で参加が無理!!という方でも、参加できますよ!!

日曜日は、まだ空きがあります!!
自分が興味ある日だけを選んで、参加することも可能です!!

「森の遊び方、伝え方を学びたい人」「キャンプの達人になりたい人」
「仲間を増やしたい人」!!

ぜひ、検討してみてください。

第1回は、窯焼ピザづくりの他に、「ネームバッチづくり」をしました。

木の輪切りに下書きをします。

その後、アクリル絵の具でペイント!!

絵の具が乾いたら、裏にクリップをつけて、ニスを塗り完成です!!

完成したネームバッジです。

個性豊かな絵と、「キャンプネーム」が書かれています。

自分の名前を呼んでもらえるって嬉しいことですよね。

子ども達と森で遊ぶ時も名前を呼び合うだけで、一気に距離が
縮まります。

4月から新しい環境での生活になって、まだあまりしゃべった
ことがない人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、思い切って、その人の名前を呼んでみるといいですよ!!

これは、笹をクッキングシートの代わりにして、ピザを作っている
時の様子です。

自分たちも楽しみながら、「子ども達に教えるポイント」を
学びました。

自然で遊び考え、楽しみ、厳しさを伝えられるように、
私たちも頑張ります。

初春のチーム腹時計

月曜日, 4月 8th, 2013

先日長谷ジィが、小布施の会員さんからいただいたたくさんのりんごの木

ならば!!本日の腹時計は薪割りに決定~
りんごの木は割りにくいので・・・


こんな力強いマシンが!!
電動の薪割り機を会員さんがもってきてくれました
普段は大変なりんごの木の薪割りもこれでスイスイ


その他の木も人力とチェーンソーでほいさっさ~
かっこいいなぁ♪

ふと気付くと・・・割った木の断面に真剣に向き合う長谷ジイ
何してるの?


もしやもしや・・・・・答えは後半で・・

みんなで作業すると早々とこんなに山盛りの薪ができあがり~

そしてそろそろお腹の時計がなりだしそうなころ


ごっちゃんが見守ってくれた釜炊きごはんを
いただきま~す♪♪
みんなで食べると本当に美味しい
しかも今日のお天気は最高だったので、外ご飯!!
わいわい、にぎやかに話も弾み、食も進む
午前中の労働がご飯をより美味しくしてくれます

さてさて、午後は青竹クーヘンとパンづくり


青竹に生地をまきつけ炭であぶる
ほんわかいい匂いがあたりに漂います

これは別腹だよね~


バームクーヘンはほんのり甘く
パンはさくさく

3チームに分かれて作ると、それぞれに違ったものができあがりました
どれも美味しくて、幸せ~

今日もみなさんありがとうございました!
また次回も、もりもり動いてワイワイ美味しいものを食べましょう♪
あ!
うらやましくなった方のご参加もお待ちしてま―す

番外編~嫌な予感がある方はご用心~

長谷ジイがほじくり返していたもの・・・

ば―――――――――ん!! ・・・かみきり虫の幼虫です
こんなに集めてどーすんだ!?


食べるんだ――――――!!!
※加熱処理してます

雪上リスクマネジメント講習会

土曜日, 2月 9th, 2013

今日は、濱谷弘志氏を講師に迎えて雪上でのリスクマネジメントについて学ぶ一日
関東・甲信越より27名の方々にご参加いただきました

午前中は、低体温症や凍傷などの予防、対応についての座学


午後は雪洞掘りと、病人搬送の実技
まずは室内でポイントなどを教えてもらい・・・


3班に分かれていざ実践! まずは雪洞
三者三様な雪洞ができあがりましたが、ほとんどの方が経験者で分担作業もおてのもの!

次は病人搬送
こちらも各グループオリジナルの包み方、ロープの縛り方などがありました
持ちあげて運ぶ、雪の上を滑らせて運ぶ・・などなど

最後に、「何が正しいかではなく、色々なバリエーションをこういう場で共有してもらえればと思う。その状況に合わせて臨機応変に対応してください」と、濱谷さん。

これで満足ではなく、情報収集を続けて視野を広げることも大事なことなんですね。

今後の活動にも役立てていきましょう
あ・・・もちろんアクシデントに合わないための予防が先決ですが!