Archive for the ‘協働・受託事業’ Category

手作りかんじきで冬の山を歩こう‼

土曜日, 2月 18th, 2017

今日は上田市の教育委員会生涯学習課主催の
『手作りかんじきで冬の山を歩こう』イベントのお手伝いをさせて頂きました。
イベント名にもある通り、なんと!かんじきを手作りします‼
しかも、材料は竹林整備で切った竹を使います‼

<a href="http://blog.yamaboushi.org/wp-content/uploads/P2180215_R.jpg">
まずは、炙って曲げた竹の棒を2つつなげてかんじきの枠を作ります。
この作業、思ったよりも力を使います。みんなで力を合わせてきれいな枠ができました。


次に、できた枠に縄を張って完成です。縄はできるだけピンと張ります。簡単そうに書きましたが、ロープワークは複雑で慣れるまでには
少し時間がかかりました。


かんじきが完成したらお昼ご飯です。上田市の方が豚汁をふるまって下さいました。
とてもおいしかったです‼


午後はいよいよ作ったかんじきを使ってみます。
わらじを履くようにかんじきを履いて‥‥いざ、雪原へ‼


午後はお天気もよくてとても気持ちのいい散策になりました。かんじきのお陰で50センチ以上積もっている雪に埋もれることもなく
快適でした。


雪の上には動物ののこしていった足跡がたくさんありました。これは、足跡が真っ直ぐについているのでキツネかな?

最後は雪を使って冷やして作ったアイスクリームを食べました。
冷凍庫を使わなくてもアイスが作れるなんて、極寒の菅平ならではですね‼

日本の雪国で少し前まで使われていたかんじき、
今日はそれを自分で作って、履いて、冬の菅平を満喫できた半日でした。

染屋の森、竹林整備

火曜日, 12月 6th, 2016

染屋の森の竹林整備に行ってきました。
フィールドをお借りする代わりに、整備のお手伝いをしています。
やまぼうしからは、保母ちゃん、ひらりん、がみちゃんと会員の土井さん。
染屋の森の会からは、川上さん、手塚さん。

例年は6月に竹の子汁で竹林整備をしていますが、
今年は予定が合わずに今日に。
でも、落ち葉いっぱいの、空が開けた森での作業もいいね、と。
暑くないから思いっきり作業もできるし、
丁度運動不足の季節だし、
と言うことで、来年もこの時期にしようかな。

お昼は手塚さんがうどんを煮てくれました。
作業も捗り、竹林もきれいになり、満足の1日でした!

 

 

 

 こんなにきれいになりました!

きれいな景色、美味しい料理、楽しい仲間♪

日曜日, 12月 4th, 2016

今日は「おらほの子育てを応援!とうみの自然体験活動指導者養成講座」
のお手伝いをして来ました。
お天気にも恵まれ、楽しい1日でした。
私の担当は
①「自然観察:ルーペ、ファーブル、図鑑の活用法」
②「ダッチオーブン&たき火」
会場の「四季の森」は広葉樹の森で樹種が豊富!
葉っぱの落ちた木と葉っぱの観察をしてもらいました。

ダッチオーブンでは「クリームシチュー」「鶏肉のグリル味噌ソース」「焼きリンゴ」
厚い鉄なべと、火の力でとってもおいしくできました。

参加者は保育士さんが多く、みなさんとっても楽しそうでした。
こんな先生に教わる子どもたちは幸せだと感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
 
 
 
 

峰の原の草原をつくろう!

日曜日, 7月 5th, 2015

今日は菅平高原の隣りにある峰の原高原で在来山野草の草原の保護活動を行いました。
今回は峰の原高原の自然保全活動をするネットワークの峰の原高原Mine(マイン)の活動です。
始めに、峰の原で研究をされている筑波大学の田中准教授の講義を聞き、草原について考えました。

そして、保全活動を行っている草原ですすき刈りをして、他の山野草が成長できるようにしました。
DSCN7875s

DSCN7876s
お昼は峰の原の方々が作ってくださった野菜たっぷりのランチ♪

DSCN7879s

午後は刈ったすすきでコースターを作りました。
DSCN7880s DSCN7881s
草原の山野草を守りたい。未来にたくさんの植物を見ることのできる草原を残したい。
何が正解かわからないけど、失われつつある草原と、そこに植生する山野草を守るべく、これからも峰の原高原Mine(マイン)の活動は続きます。
9月13日には今日すすき刈りをした草原の観察会があります。
興味のある方はぜひ!!

信州須坂 峰の原高原 MiNe マインフレンズ
http://mine-friends.wix.com/minenohara-mine

 

 

木曽川源流探検隊!水木沢天然林_GreenGiftプロジェクト_

土曜日, 8月 23rd, 2014

GreenGiftプロジェクト第3弾
「木曽川源流探検隊!親子で水のふるさとを見に行こう」

NPO法人木曽川・水の始発駅さんのご協力のもと
木祖村水木沢天然林で実施しました。
予報では心配だったお天気も味方してくれました。

まずは準備体操から。
散策で使う杖を使って杖体操。
おもしろい動きで体も気持ちもほぐれました。

IMGP5104  杖を使って準備体操加工

森の入り口でクイズ
「何の跡かな?」

第1問「何の跡かな?」加工 IMGP5119  正解は「クマ」

IMGP5127 IMGP5128  人工林と天然林との比較

「何歳かな?いい匂い~」加工 間伐後の切り株をチェック、何歳かな~、いい匂いがするね~

大きな木に遭遇。
2種類の木がくっついて大きくなっているんだって!
IMGP5136 IMGP5137

550歳の木もありました。
幹回り7m、紐で大きさを確認しました。
550歳のサワラ、大きい~加工 IMGP5176① IMGP5186

沢の音がだんだん小さくなり、源流に到着!
フキの葉っぱでコップを作って飲みました。

IMGP5157 IMGP5160 フキのコップで水源の水を飲みました加工

森の音を聞いたり、不思議な木をくぐったり

IMGP5203 森の音を聞いてみよう加工 根上り木はこうしてできんるだよ加工 IMGP5192

水源の森探検を終え、お弁当を食べた後はお土産のクラフト作り!
様々な木を使ってバードコールを作りました。

色々な木加工 バードコールづくり加工 IMGP5224 IMGP5235

最後にみんなで感想を発表しました。
楽しい笑顔がたくさん集まりました。

IMGP5246 IMGP5245 IMGP5244 IMGP5243

集合写真 また遊びに来てくださいね!

思いっきり自然体験!8月16日放送します!

水曜日, 8月 13th, 2014

毎年恒例の思いっきり自然体験!
今年は青木村のリフレッシュパークあおきで実施しました。

ニジマス釣りに水辺の観察
CIMG0772 CIMG0781

釣った魚は朴葉包み焼きで美味しくいただきました!

CIMG0783

短時間ですが、8月16日(土)9:55~
NBS「ほほ笑みチャンネル」で紹介されます。

見てくださいね♪

セミのぬけがら探しin上田染屋の森

月曜日, 8月 11th, 2014

長野県環境保全研究所主催の平成26年度自然ふれあい講座
「みんなで温暖化ウォッチ~セミのぬけがらを探せ!~」
上田会場のお手伝いをしました。

今年で3回目の講座、毎回好評です。
最初にアイスブレイク~
ごっちゃんが担当しました。

CIMG8967

ゲームの後は染屋の森まで歩いて移動。
アスファルトと森の木陰の温度の違いを実感しました。

15361_615123801936717_8207959073196769450_n 2014081111080000

染屋の森では合計121個のぬけがらを見つけました。
種類は5種類(ミンミン、アブラ、ニイニイ、エゾ、コエゾ)

上の写真はニイニイゼミです。
小さくてかわいくて好きです。
木の穴にカエルも涼みに来ていました。

近くの公園や森でセミのぬけがら探してみてください。
どんな種類のセミがいるかな?

竹林整備で旬をいただき!

月曜日, 6月 16th, 2014

「染屋の森の会」の皆さんと、毎年恒例の竹林整備とアウトドアランチ。
作業の後のご飯は最高!

何より、旬のタケノコを採って直ぐに炭火で焼く贅沢を味わいました。
また来年を楽しみに。。。♪

2014061611560000 2014061612140000

感謝状を頂きました^^

金曜日, 3月 7th, 2014

筑波大学菅平実験センターhttp://www.sugadaira.tsukuba.ac.jp/news/news.html
2月14日から16日の2泊3日で「平成25年度菅平ネイチャーアプリシエーションツアー」が開講されました。

やまぼうし自然学校は昨年から1日目と2日目のプログラムを担当させてもらっています。
記録的な大雪となった2月15日、この日はスノーシューハイキング、餅つき、そりなどの雪遊びの予定でした。

が、予定していたスタッフは大雪のため菅平へ到着できず、ケータリングの食材も届かず。。。
幸い、早く出てくださったインプリ会員さんとじゃがとがみの3人でプログラム内容を変更しつつ、無事に終えることができました。

そのことに対する感謝と言うことで筑波大学長から感謝状を頂きました。
特別なことをした訳では有りませんが、大変うれしく思っています。

今回の大雪で、私自身、地域の方から助けて頂きました。
地域の皆様のお力あっての感謝状です。
と言うのも、菅平へ行くための除雪作業を手伝って頂き、無事に到着できたからです。
「今日は無理だよ。自分も仕事休むことにしたし、お休みした方がいいよ。」とアドバイスを頂きましたが、「行かなけれならないんです。」と言う私の言葉に文句をいう訳でもなく、駐車場の除雪をし、最後は「気を付けて行っておいで。」と送り出して下さいました。

色々なことを感じた大雪でした。

2014030711260000 KC3X0236

菅平保育園の子どもたちとの森遊び♪

木曜日, 7月 11th, 2013

菅平保育園のみんなと森遊び♪

私たち大人は「こんなことをして遊ぶよ!!」とは特に言わず子どもたちが森の中で遊ぶのを見守ったり、少しだけ助ける役目です。

さて、どんな遊びが繰り広げられるでしょうか?

「ロープ、使いたい!!」という元気な声が聞こえて、ロープを手渡すとさっそく木にロープを吊るし始めました。

一人では掛けれなかったけど、男の子に助けてもらってかけることができたよ。

自分で足をかけるところも作って、できたのがコレ!!

ロープに足をかけて、ちょっと高いところをゆらゆら♪

さて、あっちでは何をやっているのかな??

たくさん穴をほったよ!!

「小さいミミズも大きいミミズもいたよ」

ギッタンバッコン♪ギッタンバッコン♪
お友達と先生と大きな丸太を小さな丸太の上に運んで「シーソー」を作ったよ!!

木から木にロープを渡して、「あーああー」
ターザンロープを作ったよ。

このブランコは実はスタッフが前もって作ったもの。

でも、子どもたちはもっと素敵なブランコを作りました!!

小さなリス専用のブランコ♪
いつか遊びにきてね。

大人の想像をはるかに超えて、動き回る子どもたち。
素敵な「森の遊園地」ができたね!!

これは、最後森を去る時に、ひとりの女の子がつくったもの。

また遊びに来るための「森への道しるべ」です!!

秋に会った時も、思いっきり遊ぼうね!!