Archive for the ‘林間学校’ Category

大明神沢ネイチャートレイルコース整備

木曜日, 5月 14th, 2015

いよいよ体験学習のシーズンが始まります。
早速、明日はネイチャートレイルで160名の中学生がやってきます。

今年は雪が多かったせいか倒木があり、大明神沢のネイチャートレイルコースの整備に
保母ちゃん、ごっちゃんの3人で出かけてきました。

ついでにハルザキヤマガラシの駆除も。
下ばかり見ていると、保母ちゃんが「すごいよ!!」
見上げると見事な「彩雲」良いことありそう。
CIMG2555s CIMG2561s CIMG2566s

折角なので、観察をしながら下見も兼ねての作業となりました。
道をふさいでいたタカネザクラは、クラフトにと持ち帰りました。(さすが!やまぼうし)
CIMG2569s CIMG2577s CIMG2581s
北アルプスの山並み    ハウチワカエデの花   コヨウラクツツジ
CIMG2583s CIMG2586s CIMG2591s
クラフト材の運搬     青空と芽吹き     カラマツの雌花
CIMG2574s CIMG2600s CIMG2599s
ツリバナの花       オキナグサ

プリンスホテルのニューフェース達
CIMG2602s CIMG2615s CIMG2618s

帰りに生まれたてのポニーの赤ちゃんを見せてもらいました♪

うれしいプレゼント♪

金曜日, 9月 12th, 2014

宿泊学習のお礼に頂きました~

2014091217010000

森遊びや木登り、ピザも作りました。
また遊びに来てくださいね!

地域の宝

火曜日, 7月 8th, 2014

上高地ネイチャーガイド協議会で今年から始めた取り組みの一つ
松本市内の中学生へのガイドウォーク

梅雨の晴れ間、素敵な景色と時間を共有できました
担当生徒10名のうち、上高地初体験は9名

ふるさとにこんなに素敵な宝があること、伝わったかな

2014070808450000

先輩の余裕^^

火曜日, 12月 3rd, 2013

恒例の出張かんじき作りの季節になりました。

いよいよ明日、という日に最終打合せ。
出張かんじき作りは毎年2回、2月に菅平で思いっきり雪を楽しみに来る小学校へ行って作る。

じゃが、みろりん、ごっちゃんにとっては初めてのこと。
はせじいの指導のもと、入念な打合せ。

一方、けみちゃんはさすが先輩の余裕です。
四苦八苦している後輩を横目に、別の作業中。

素敵な自作かんじきを携えて、菅平にやってくる子どもたち。
今から楽しみです。

うれしいお便り

月曜日, 7月 30th, 2012

 先日「縄文火熾しと窯ピザづくり」と「森遊び」をご依頼いただいた東京の小学校から、
素敵なお礼のお手紙が届きました。
7月後半の繁忙期が過ぎ、ちょっとほっとした事務所に、うれしいお便りでした。

「二人は新しいことを教えてくれる大切な存在です」 とか
「あっきぃとけみちゃんはとてもかわいい」(!) とか
「二人を漢字で表すと「森」と感じました」 とかとか。
 
 

メールでのやりとりが増えた今日この頃に、手書きのあたたかさがじ~んと沁みました。
今日からサマーキャンプin信州も始まりました。
この夏もたくさんのみなさんの、森とつながるきっかけをつくれますように。

お手紙をくれた皆さん、本当にありがとうございました。
このラブレターを励みに、夏を楽しみま~す!

森にティピー出現!

水曜日, 6月 1st, 2011

菅平の奥の奥の奥山に、ティピー12基が立ちました。

“あるもの”で雨露凌げる空間を作る。
そんな知恵と技を身につける!と、果敢に挑戦した力作です。
埼玉の鴻巣中学校2年生240名が、まさに雨の中作り上げました。


植林されたカラマツを切り出し骨組みに。
間伐作業をともないます。


班毎おのおのの場所に。



高い場所は横に渡した梁に乗っかり作業です。

壁は、笹や木の枝葉を束ねて使います。
完成したた、葉を乾煎りし煎じた「笹茶」でティーパーティー。

“あるもの”で工夫する知恵が、この先どこかで生かされることを期待しています!

雨でもハッスルの林間学校初日

日曜日, 5月 29th, 2011

林間学校で菅平にやってきた千葉県の中学生。

降り続く雨に、「根子岳登山中止!」の決断。
体育館での「アイスブレイクゲーム」に切り替えたのでした。


ちゃきちゃき進む打ちあわせ。
担当するゲームの進行を頭にたたきこむ!


整列すれば半分の広さにおさまる180人。
ゲームが始まると、体育館中に散らばりチームごとにチャレンジです。


ひとつのゲームをクリアするたび、そのスピードや精度で得点ゲット。

仲間と獲得する点数は、テストの点より嬉しいよね!
飛んだり跳ねたり悩んだりで、あっという間の2時間。

楽しくてもやっぱり、外の空気を吸わせてあげたい。
明日は雨よ、おさまりますよーに。

インタープリターシーズン前研修会

火曜日, 4月 12th, 2011

10,11,12日の3日間で行われる、グリーン期突入前の研修会。
今日は、インタープリター8名の方にご参加いただきました。

改訂した規約の確認にはじまり、各アクティビティの目的と伝えたいことの共有。
坦々と流れる事務所での時間。
お昼前の最後は、スノーシューを履いて森へ。

いろいろ共有すべきことはあるけれど、一番は、これ。

【自分たちが楽しむ】

これがなくては、子どもたちには何も伝わらない。森のメッセージが聞こえない。
インタープリターの役割、それは、その人を介して子どもたちに、自然のメッセージを伝えること。
だから、その人の感じ方がものをいう。
面白くないという思いは、そのまま伝わってしまうのだ。

その点今日の8人は、楽しみがすぎるほどだった。
お腹がすきすきのへとへとで森をぬけ出たのが14時。
たっぷり2時間以上歩いた。寄り道を楽しんだ。

道に残る雪が完全になくなるか・・・という4月下旬、1校目の子どもたちがやってくる。

森を存分に楽しんでほしい。
そのために私たちが楽しもう。
時間はたっぷりある。

森に包まれ森と話す贅沢な時間。

【やまぼうし自然学校インタープリター養成講座】

金曜日, 3月 11th, 2011

【2011年4月17日、20日スタート!】

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
インタープリターには、通訳者という意味があります。
やまぼうし自然学校インタープリターは、自然の言葉を
人間の言葉に翻訳する「森の通訳」=「森の案内人」です。
参加者を楽しませたり、主体性を引き出したり、
自然からのメッセージを効果的に伝えする能力が必要です。

「人が好き」「自然が好き」「四季の移ろいが好き」「森のおいしいものが好き」
「探検が好き」「ものづくりが好き」「創意工夫が好き」「キャンプが好き」・・・等々、
あなたの知的好奇心にひっかかる、キーワードはありますか?
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

(さらに…)

ゴミを燃やした!

火曜日, 10月 12th, 2010

「毎日忙しいこども達、こういうゆったりした時間がすごく貴重なんです。」

と、先生。

忙しいことは悪いことじゃない。
勉強に運動に・・・頭と体を鍛える大事なとき。

同様に大切な自然体験を学校で、となると無理がでてくることもある。

最後に子どもたちに聞いてみた。
「今日初めて体験して楽しかったことは?」

即座に手があがる。
「ゴミを燃やしたこと!」

My箸づくりの竹の削りカスを、燃やした。
それが新鮮だった、と。

いろいろな体験を重ねて、いろいろな物事がつながっていることに気づく。

学校で出来ることと、自然学校でできること。
役割分担してこそ、つながることがたくさんある。

(東京都の小学生、菅平高原でデイキャンプを満喫!)