Archive for 7月, 2010

34コース 3日目 森が遊園地になっちゃった1日

土曜日, 7月 31st, 2010

毎日みんなで集まって、ふりかえりの時間のあとに書く「キャンプ日記」。
その中の、「明日はこんな1日にしたい!」という欄に、
毎日「みんなでピザをつくりたい」と書いていたキャンプ仲間が1人。
じゃ、つくっちゃおう!というわけで、朝食はピザトーストになりました。
炭火焼きピザトーストをほおばったら、ペットボトルを満タンにして森へ出発!

ずっと作りたかった秘密基地。
材料は株立ちしたミズナラの木を伐り倒したものや、森に落ちていた枝、ロープ。
みんなのアイディアが、どんどん広がり、高いところにターザンロープをかけたり、
ブランコが登場したり、梯子やバッティング練習場(!)までついた秘密基地。
「地下をつくる!」とずんずん掘った穴は、結局落とし穴になっちゃいましたが・・・。
「遊園地が隣にある秘密基地なんて、最高だね!」とにっこり。
お昼を食べた後も、操縦席がくっついたり、1階はテラスからお風呂に変身したり、
バランスがよくないと登れない入口も登場しました。

「おぉ、よく遊んだね~」
みんなのどろんこの顔とおしりを見て、迎えに来てくれた宿の方もにっこり。
さぞかし、お風呂の入り甲斐があったことでしょう・・・。

IMG_0325 IMG_0331
IMG_0338 IMG_0344
IMG_0347 IMG_0350
IMG_0353 IMG_0356

事務所の白樺

土曜日, 7月 31st, 2010

事務所の前の白樺のまわりが賑やかだ
今年2度目のシジュウカラの子育てが始まったから
両親でせっせと巣穴に餌を運び、私たちが近づき過ぎると
もう大騒ぎ
大切に育てられた雛の巣立ちが楽しみ

去年の巣立ちの時
外がやけに賑やかなので出てみると、事務所の軒先のクラフト材を
止まり木にしてちょこんととまっていました

34コース 2日目 走って走って、火と風と友達になった1日

金曜日, 7月 30th, 2010

寝袋を抱えてテントサイトに降りた途端、「氷鬼やるよ~」。
その後のやりたいこと会議でも、
「鬼ごっこ」「リレー」「けいどろ」「かけっこ」などなど走る系ばかりがでるわでるわ。
寸分の間を惜しんで、いつも走り回っている、元気な仲間です。

みんなで協力して長いポールと格闘してテントを張ったあとは、沢へ行くことに。
最初は「濡れたらやだな~」と言っていた子も、
「もう、ぬれちゃえ!」と岩のスライダーに挑戦したり、勇気をだしてジャンプしたり、
ちょっと深いところでは、なんと平泳ぎをする仲間も!
沢から上がってびっちょりな洋服は、お日様に乾かしてもらって、
またまた鬼ごっこをしました。

午後は火熾しからの五右衛門風呂の準備。
コツをつかんだ上級生の頑張りで、火がついたら、ちょっと熱すぎるくらいのお風呂に。
夕飯は、掘りたてジャガイモのじゃがバターとピーマンの肉詰め、
野菜たっぷりコンソメスープ、そして秘伝の特製ドレッシングのサラダ!
みんなで分担してつくった豪華ディナーは、ほぼ完売。

この後は、肝試しをやる予定です!
どきどき・・・
IMG_0267 IMG_0278
IMG_0288 IMG_0294
IMG_0307 IMG_0314
IMG_0317 IMG_0323

34コース 雨にもマケズ、走り回った日

木曜日, 7月 29th, 2010

お昼をモリモリ食べて、始まったキャンプ1日目。
お昼を食べている最中は雨が降っていましたが、みんなの元気に圧倒されて
雨が丁度やんだので、雨具を持ってテントサイトへ遊びに行くことにしました。

早速始まったのは「氷鬼」。
途中でどんどん鬼が増えるルールになったり、普通の鬼ごっこをはさんで、
やっぱり楽しい氷鬼。
「僕は、お助け派だからね」なんてセリフも飛び出して、大笑い。
自然体験へ移動してやった缶けりも、スリル満点。
体の小さな一年生が、すごく上手に隠れたり、
上級生がとっておきの場所に隠れて、缶をけとばしたり・・・

みんな息が切れるまで走り、途中で着た雨具が暑くなるほどでした。
雨具は、上級生のたたみ方を見ながら、後片付けもバッチリ。
明日はどんな遊びが生まれるのか、とっても楽しみです。
IMG_0245 IMG_0247
IMG_0248 IMG_0253
IMG_0256 IMG_0258

33コース 4日目 みんながひとつになった日

木曜日, 7月 29th, 2010

小雨の降る合間をぬって、テントたたみからスタートした最終日。
テントをゆすると、水玉がキラキラと落っこちてきました。
建てるときはあんなに苦労したのに、抜群のチームワークで
あっという間に3基片づけることができました。

ベースキャンプに戻ったあとは、キャンプCMづくり。
配役を決め、ストーリーを決め、小道具をつくり、振付まで。
「台本ってなぁに?」という一年生にも、手とり足とり上級生が教えてあげたら、
人間と小人とほうれん草やゲゲゲのキタコ、にんじんまん、サダコまででてくる、
楽しいCMができあがりました。

今頃、CMには収まり切らなかった武勇伝を、お家の方へ披露しているでしょうか。
また来年、菅平高原で待ってます!
IMG_0228 IMG_0231
IMG_0235 IMG_0239

33コース 3日目 森が笑い声に包まれた1日

水曜日, 7月 28th, 2010

朝日が輝くテントサイトには、朝早くからもぞもぞ動きだす影・・・。
菅平高原の採れたてレタスをたっぷりはさんだ、特製サンドイッチが朝ご飯。

一晩お世話になったテントとは、きれいに掃除をし、寝袋を苦労してたたんでお別れ。
早速森へと出発です。

森の中では、「秘密基地つくろ~」「この材料いいねぇ~」「ここ掘ってみる?」と賑やか。
森のブランコやターザン、秘密基地には素敵な梯子。
縄跳びやドンチッケッタもしたり、的あてゲームコーナ―まで登場しました。
みんなで大発見を共有したり、ノコギリは交替で切ってみたり。
最後はみんなで森の中の溝を飛び越える、「足が長くなる修行!?」。

木漏れ日の下、1人では味わえない素敵な時間を過ごしました。

IMG_0191 IMG_0194
IMG_0203 IMG_0207
IMG_0208 IMG_0212
IMG_0217 IMG_0221

コカ・コーラプレゼンツ おもいっきり自然体験in菅平高原

水曜日, 7月 28th, 2010

みどりさわやかな森の中、おもいっきり自然体in菅平高原が開催された
昨年に続き、NBS長野放送の土曜の夕方「土曜はこれダネッ!」の
http://www.nbs-tv.co.jp/blog/suekichi/2010/07/-in1.php
末吉くんも参加して楽しい一日でした
自然教室の様子は7月31日(土)18:00~19:00の番組中に放送されます

プログラムは
子ども樹木博士で森の木を10種類を覚えてもらい
縄文式火おこしで4班全部が見事着火成功
「ひんのべ」ことすいとん作りでは面白い形のお団子が勢ぞろい
デザートのマシュマロサンドではとろけたマシュマロで口の周りがベトベトに
お土産に「森のマリオネット」を作りかわいい森の妖精が沢山できました





会場をお借りしました菅平プリンスホテルさんありがとうございました

33コース 1日目 とっても仲良しな第1日目

月曜日, 7月 26th, 2010

夏らしい青空と入道雲に迎えられた、元気いっぱい笑いいっぱいの
33コース第1日目。
美味しいお昼を食べたら、もう皆前からのお友達みたいに仲良くなっちゃいました!
あっでも待って、私の・僕のキャンプネームはね・・・
ええと、何にしようかな?
ぴっかぴかのキャンプネームを胸に、早速青空の下をダボスの丘へ。
菅平に来た子はある人にごあいさつしなくてはいけないのです。
うひゃー、疲れたぁ! という間もなく、日本にスキーを広めた”シュナイダーさん”の
お鼻をつまんでごあいさつ。
「これから宜しくね!」
何したい?と聞いたらすぐに返ってきました、「鬼ごっこ!」の声。
赤いシャツが鬼の目印。それ、逃げろー!
いい汗かいたら、特等席で水をゴクゴク。ああ美味しい♪
足元の草でだって遊んじゃうよ。最強の草はどれだ?
最後は「”だるまさんが転んだ” やろうよっ」
面白いポーズで固まって、止まっていられるかな?
お宿ではリラックスムード。何を話しているのか気になるよ~。
初日とは思えない仲良しぶり、きっと参加してる皆が一番びっくりしてるね。
これからどんな面白キャンプを作りだしてくれるのか、とっても楽しみです。

2010サマーキャンプ33初日000 2010サマーキャンプ33初日001
2010サマーキャンプ33初日002 2010サマーキャンプ33初日003
2010サマーキャンプ33初日005 2010サマーキャンプ33初日006
2010サマーキャンプ33初日007 2010サマーキャンプ33初日008

おいC、ビタミンC

月曜日, 7月 19th, 2010

最近、林間学校のカメラマンさんがよく写真を撮るときに使うセリフ。

「青竹クーヘンは?」
「おいC」
パシャッ

という具合である。

最近のやまぼうしの「おいC、ビタミンC」がこちら
 

梅雨が明けた途端に強烈な紫外線が降り注ぐ菅平高原に、
自然はちゃぁんとビタミンCをお届けしてくれました。
(右の写真の、お皿にしているのはウリカエデの葉っぱです)
海の日でしたが、山にもどうぞ遊びに来て下さい。

ありあり?

水曜日, 7月 7th, 2010


この間、森を歩いていたら、木の根元がやけに賑やか。

近づいたら、せっせせっせと動くもの。

そう、アリ。
かなりデカくて、はじめてみる大きさ。
雨でしっとりぬれた枝を、せっせせっせとほじくってる。

別の日。
東京の地面に、うっすらへこみ。
しゃがんでみたら、アリ。

こちらは見慣れた大きさ。
何千回と穴と外を往復して、巣をすこーしずつ掘り進めてる。
迷いアリが戻ってきたらちゃんと交信してここだよ、って教えてる。
運び出す荷物は、転がらないように、じゃまにならないところにおく。

じーーーっと見てたら、4歳の男の子が声かけてきた。
「何やってんの?」
「アリ見てるの。」

おもむろに枝を拾って、ぐちゃぐちゃ~と巣をかき回して、どっかいっちゃった、その子。
でもね、アリはめげずにまた往復してる。

涙が出そうになった・・・。