Archive for 10月, 2010

小学校長期自然体験活動指導者養成講座

日曜日, 10月 31st, 2010

「いまどき」の小学生に自然体験活動の「おもしろさ」を伝える人を募った
『小学校長期自然体験活動指導者養成講座』。
9/25の東京から始まり、
10/23、10/31の長野と全3回の開催が
本日、無事に終了しました。

長野講座では、講師に
信州大学教育学部の平野吉直先生をお迎えして、
キャンプの現場やデータから見えてくる
いま・昔の子どもたちの違いや環境など、
興味深いお話をお聞きすることができました。

講義の内容はもちろんですが、
“興味をひかせる”平野先生の話し方からも
学べることがたくさん!
「先生の話、おもしろいな。  もっと聞いてみたい」
そう思いながら、あっという間に時間は過ぎました。

楽しいと思ってもらえるプログラムの内容だけでなく、
子どもたちに興味をもたせる指導者、
目指すはこれですね。

過ぎ行く キノコ の季節

金曜日, 10月 29th, 2010

来年のイベントの下見で森に出かけた。
キノコ当たり年だけあって、いろいろなキノコが
いまなお元気に出ていた。
(写真は顔の大きさほどの巨大キノコ:巨大ツチナメコ?巨大ショウゲンジ?)

キノコの季節の終盤にお目見えする「チャナメツムタケ」をGET!

恵みの雨

木曜日, 10月 28th, 2010

今日は冷たい雨の中、はせじぃがカッパをまとってキノコ狩り。
この寒い中、なんとか最後の力を振り絞って色づいたミニトマトと
篭いっぱいのキノコを収穫してきてくれました。

ハタケシメジとヒラタケは、さっそくキノコ汁に変身。
そして、みんなおっかなびっくりいただいたのが、ホコリタケ。
あの、つぶすとプシュッと胞子が飛び出る、子ども達が大好きなやつです。
中身が胞子になってしまう前の、マッシュルームのような時期は
食べることができるんです。
 

土をとって、バター(がなかったのでマーガリンで代用・・・)でいためて、
醤油をたらしてみました。
大きめのものは中がとろっとふわっとしていて、なんだかハンペンに近い食感でした。
こうしてまたひとつ、やまぼうしレシピに新顔が加わったのでした・・・。
森の恵み、万歳!
 

初雪!!!

水曜日, 10月 27th, 2010

ラジオの天気予報にドッキリ
「雨の降る確率は・・・」ではなくて、
「雨や雪の降る確率は・・・」という天気予報。

出勤途中にすれ違った、雪を積んだ車にドッキリ

事務所へ来てみると、階段は真っ白。
扉の両側のサトウカエデは、赤く色づいたまま雪化粧。
コスモスも、急速冷凍されていました。

冬将軍、そんなにあせらなくってよいですよ。
もう少し、秋を楽しみたいな~。
 

マザーズフェスタin豊洲

日曜日, 10月 24th, 2010

23,24日の2日間、豊洲の「がすてな~に」でブース出展してきました。

木を使った遊びを楽しんでもらいながら、
菅平高原をPRしよう!というイベントです。

ポカポカ陽気の週末。
アンパンマンに誘われて、たくさんの親子連れがやってきた!

菅平高原どこにあるの?というお母さんには、豊洲から近くて家族で楽しめるスノーパラダイスだってこと。

菅平高原行ったことあるよ!というお父さんには、夏とは違う冬の楽しみ方があるんだってこと。

知ってもらえたかな。

「ウッディ福笑い」と。


「ブリッジ積み木」と。

「森の?ボックス」と。


たくさんの親子に囲まれた2日間、今度は菅平で会いましょう!

“思いをかなえる自然体験”
ご用意して、お待ちしています!

ご来場ありがとうございました!!!

晴耕雨森歩き!

木曜日, 10月 21st, 2010

雨が降り、ぐぐっと冷え込んだ今日。
事務所もとうとう薪ストーブに火を入れました。

でもこんな日、「あいにくの・・・」と言ってしまわずに、
森へでかけてみるのもいいもんです。
だって、キノコがこんなにきれいなんですもの。
今日はキノコの師匠と共に行ったのですが、私は食べられるキノコだけに限らず、
キノコ自体がとっても好きです。
名前がわからないものの方が多いけれど、
空に向かって高らかと鳴り響くラッパのようだったり
高台から眺める夜景のようだったり、
身を寄せ合って、切り株から生えている様子がなんともかわいかったり。
  

いつもは目につきにくいクモの巣も、滴をまとって、雨の日が一番きれいです。
お気に入りのカッパを着て、雨の森へもぜひおでかけください。
 

愉快な仲間のたまり場

日曜日, 10月 17th, 2010

大豊作のキノコ狩りイベントを終え、資材満載で事務所へ戻ってきたら、
笑顔で軽トラに突進してくる、森ガール。

おやおや、この夏、原人キャンプで2度目のキャンプアシスタントをしてくれた
仲間ではないですか!
「久しぶり~」より先に、「なんてグッドタイミング!」と言ってしまいました。
だって、わざわざ新潟から後片付けを手伝いに来てくれたのですもの!
一緒に来ていた、はじめましての友人も、心よく手伝ってくれました。
本当にありがとう。

一段落したら、先日行って来たというCOP10の話や、
動物たちとの格闘ドラマ(ものすごいわかりやすい演技付き!)
新しいキャンプの企画(どんどん妄想ばかりが膨らんでしまいましたが・・・)
などなど、トイレに行くのも忘れてしまうほど話し込んでしまいました。

たくさん話して、たくさん笑って、再会を約束してお開きとなりました。
あ~楽しかった。
今度はどんな愉快な仲間がやってくるでしょうか。
今なら、おいしいキノコ汁をふるまいます!
 

ゴミを燃やした!

火曜日, 10月 12th, 2010

「毎日忙しいこども達、こういうゆったりした時間がすごく貴重なんです。」

と、先生。

忙しいことは悪いことじゃない。
勉強に運動に・・・頭と体を鍛える大事なとき。

同様に大切な自然体験を学校で、となると無理がでてくることもある。

最後に子どもたちに聞いてみた。
「今日初めて体験して楽しかったことは?」

即座に手があがる。
「ゴミを燃やしたこと!」

My箸づくりの竹の削りカスを、燃やした。
それが新鮮だった、と。

いろいろな体験を重ねて、いろいろな物事がつながっていることに気づく。

学校で出来ることと、自然学校でできること。
役割分担してこそ、つながることがたくさんある。

(東京都の小学生、菅平高原でデイキャンプを満喫!)




10周年イベント 2日目

日曜日, 10月 10th, 2010

10周年イベントの2日目
気持ちの良い秋晴れの中、思い思いに自然を満喫
モーニングガイド:菅平が幻想的な景色に包まれて・・・
クラフト教室:素敵なフォトスタンドの完成
大明神沢散策:森の遠足 ゆったりとした時間が流れました
根子岳登山:登りなれた山も仲間が違えばちがった楽しさが加わります
記念植樹:自然体験の森にヤマボウシ3本、カツラ2本植えました

2日間ありがとうございました
これからもよろしくお願いします

「森でつながるいのちのわ」

大人もこどもも、みんなで森で遊びましょう!

森とあなたのまん中にやまぼうし自然学校がいます






やまぼうし自然学校10周年記念イベント

土曜日, 10月 9th, 2010

2000年3月に環境系では第1号(長野県)のNPOとして認証され、
今年で10周年を迎えました。

それを記念して、9,10日の2日間、イベントを開催!
雨にもかかわらずお越し頂きましたみなさま、ありがとうございました!

この10年の間に、ずいぶん仲間が増えたなぁと実感します。

  やまぼうしのプログラム運営を支えてくださる会員のみなさま。

  森の力を勉強しようと集まる講座の受講生。

  菅平高原の環境と暮らしを守ることに知恵を絞る地域の方々。

  月1回菅平の森で元気に遊ぶ遊び隊隊員とファミリー。

  主催のイベントに何度も参加してくれる親子。

  やまぼうしスタッフのファミリー。

  そのほか、書ききれないくらいたくさんの人々。

森が人を呼び、人の周りに仲間が集まった。

ひとりひとりの知恵を結集してこそ、森で笑えるし
森も笑ってくれる、そんな場面をたくさん見てきました。

だから、これからも仲間の意見に耳を傾け、
森の声にも耳を傾け、新しい取り組みに力を注いで歩き続けます。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。