Archive for 4月, 2011

GWは菅平高原で大人のキャンプ!

火曜日, 4月 26th, 2011

大人だって、キャンプがしたい!
大人だからできることって、実はいっぱいあるんです!

森で深呼吸して、たき火を囲んでおしゃべりして、満天の星空のもとでぐっすり眠ったら、自分の中にじんわり森のパワーが吸い込まれていくのがわかります。毎回の焚き火料理メニュー、2日目の過ごし方、夜の時間などは、参加者みんなで作戦会議。膝を突き合わせ、知恵を出し合い、楽しいキャンプをつくりましょう。とっておきのアイディア、差し入れ、楽器の持ち込みも大歓迎です。

■現在のプログラム候補 (たぶん全部やります!)
炭焼き、ダッチオーブン料理、渓流釣り

■募集要項
日程    2011年5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
集合    3日 10時 菅平高原 自然体験の森
解散    5日 14時 同上
宿泊    全泊テント泊(寝袋無料貸し出しあり)
募集    20名
対象    18歳以上
参加費   17,000円(食費、宿泊費、指導料、道具・資材費、資料費込)
申込締切 4月30日(土)
※荒天時は宿泊施設に泊まります

■キャンプスケジュール(予定)
1日目  立て込み、火入れ、口焚き、窯閉じ、大人の夜会
2日目  口焚き続き、みんなでつくる時間
(森探検?、ツリーハウス?登山?ものづくり?渓流釣り?)
大人のキャンプファイヤー
3日目  精錬、炭だし、炭篩、おわりの儀

■お問合せ
NPO法人 やまぼうし自然学校(担当:佐藤明希)
TEL 0268-74‐2735 FAX 0268-74-2795
Email info☆yamaboushi.org
※菅平高原までの往復交通手段にお困りの方は、ご相談ください
※参加費は、催行決定通知後に、指定口座へお振込みいただきます。

■キャンセル料
・お申込後にお取り消しの場合には、キャンセル料を申し受けます。
キャンプ初日の
10日~5日前のお取り消し⇒参加費の30%
4日~2日前⇒40%
前日⇒50%
キャンプ開始後、または無連絡のお取り消し⇒全額
・やまぼうし自然学校の事情によりキャンプ中止となった場合には全額ご返金します

やまぼうし自然学校インタープリター養成講座第1回

水曜日, 4月 20th, 2011

今年から始まった「やまぼうし自然学校インタープリター養成講座」
やまぼうし流森遊びの達人を目指して全5回(平日・休日の2コース)の講座

第1回「やまぼうし流インタープリテーションを学ぶ」と言うことで
活動理念や事業紹介、やまぼうしインタープリター制度の説明
  

続いて「やまぼうしインタープリター体験談」
先輩インタープリターから楽しさややりがいなど、興味深いお話し
「づくを出すとうまいものが食える」と
  

ネームバッジ作り
じっくりじっくり考えて素敵な作品が完成
  

昼食後は「ピザ作り」
最初に室内でピザ生地作りとトッピング材料の用意
次に自然体験の森で
やまぼうし自然学校特製「石窯」でカラマツ間伐材を燃料に焼く
マッチを使って火おこしから開始
   
  
  

おいしい かお 顔 カオ
  
  

火を囲めば会話が弾み、あっという間に時間が過ぎた
(9ヶ月)20歳代から60歳代と幅広い年齢層の参加者同士が
共通の話題で楽しめるのは「森」や「火」が間にあったからだと思う

次回7月に皆さんに会うのが今から待ち遠しい

菅平湿原

月曜日, 4月 18th, 2011

事務所にひとり、息がつまり湿原へ・・・


春が顔出し


隠れていたものがあらわに

頭上で地面で、野鳥たちが賑やかしい。

MFA(メディックファーストエイド)講習会

金曜日, 4月 15th, 2011

群馬県から新保政道氏にお越しいただき、スタッフ全員で救急法のひとつであるMFAを受講しました。
http://www.mfa-japan.com/
アメリカで考えられた救急法を日本用にアレンジした教材を使いながら、講習は進んでいきます。
9時半~19時までのみっちり10時間!

いくつかコースがある中で、今回私たちが受けたのは、2つ。
・血液感染性病原体コース
・ベーシックコース

ベーシックコースは、事故に遭遇してから患者の状態を確認し、
応急処置にいたるまでの行動パタンを学び、さまざまな症状に応じた処置を学ぶ。
ぜんそくやアレルギー症状、切り傷や暑熱症状など、
私たちの活動で起こりうることばかりだ。

今回、一番勉強になったのは、教材には載っていない新保さんのお話。
ものすごく豊富な経験と、チャレンジングな取り組みが、独自の確固たる考えを支えてる。
私たちの質問に対して返ってくる意見に、何度も自分たちの活動を考えさせらせた。

【やるべきリスクマネジメントの程度は、参加者との関係性によって決まる】
【参加者に起こりうるリスクは、活動の中身ではなく、目的(着地点)によって変わる】

やみくもに救急法やればいいってもんじゃない。
目的に基づき、いろいろな場面を想像する力が必要だ。
そして危険は、参加者との信頼関係が深まるほど、回避されやすくもなる。

目的は? 参加者のことどれだけ理解してる?
常に問いかけていたい。

インタープリターシーズン前研修会

火曜日, 4月 12th, 2011

10,11,12日の3日間で行われる、グリーン期突入前の研修会。
今日は、インタープリター8名の方にご参加いただきました。

改訂した規約の確認にはじまり、各アクティビティの目的と伝えたいことの共有。
坦々と流れる事務所での時間。
お昼前の最後は、スノーシューを履いて森へ。

いろいろ共有すべきことはあるけれど、一番は、これ。

【自分たちが楽しむ】

これがなくては、子どもたちには何も伝わらない。森のメッセージが聞こえない。
インタープリターの役割、それは、その人を介して子どもたちに、自然のメッセージを伝えること。
だから、その人の感じ方がものをいう。
面白くないという思いは、そのまま伝わってしまうのだ。

その点今日の8人は、楽しみがすぎるほどだった。
お腹がすきすきのへとへとで森をぬけ出たのが14時。
たっぷり2時間以上歩いた。寄り道を楽しんだ。

道に残る雪が完全になくなるか・・・という4月下旬、1校目の子どもたちがやってくる。

森を存分に楽しんでほしい。
そのために私たちが楽しもう。
時間はたっぷりある。

森に包まれ森と話す贅沢な時間。

第45回林業関係広報コンクール

月曜日, 4月 11th, 2011

デジカメ選手権に続き快挙です!
(社)全国林業改良普及協会主催第45回林業関係広報コンクール
ホームページ部門で最優秀賞「林野庁長官賞」を受賞しました。

審査委員講評
「トップページの下部が雑然としているが、わくわく感を感じさせる
ホームページ。基本的に各種活動の紹介になっているが、情報量
は非常に多く、写真も多く楽しめる。個々の名称も「遊び隊」
「チーム腹時計」など遊び心に富んでいる。ブログも併設あり。
これをスタッフの手作りでやっているのは素晴らしいと思う。」

これを励みにますます頑張ります!
  

咲きました~^^

土曜日, 4月 9th, 2011

今の季節
咲きました と言えば 桜 ですね~
菅平の桜はゴールデンウィーク頃だし
上田市内の桜もつぼみがようやくふっくら状態

で咲いたのは我が家のワイルドストロベリー
発芽したおちびたちにも本葉が出てきた

春は生命の息吹を感じる季節
自然の力を身体全身で吸収しに出かけようっと

 

やまぼうし自然学校、職員募集します

金曜日, 4月 8th, 2011

この春から、やまぼうし自然学校で一緒に働ける職員を1名募集します。
4月末に応募締め切り、実際に働き始めるのは5月中旬~6月です。

::メッセージ::
自然が好き、子どもが好き、チャレンジ精神旺盛で、自分で仕事を楽しめる方、募集します。

もうひとつ大切なこと。それは、サービス精神とビジネス感覚。
NPOは儲けていいの?と聞かれることがあります。
私たちは、ボランティアではありません。
しっかりお金を稼ぎ、それをもとに次の事業を展開します。
お客様へ精一杯のサービスを提供しいただく対価は、子どもたちの笑顔を生む源です。

この使命を日々、達成するために・・・
“自然・森と自分の存在を意識し、つながりに喜びを感じ、共に生きることのできる人を育てる”

下記の要領で募集します。

*******************************************
■募集内容と人数
企画・運営・環境整備など実施事業全般に関わる仕事
スタッフ1名
仕事例:キャンプ指導、体験学習プログラムの指導/企画・交渉・運営/薪割り・草刈など環境整備

■勤務期間
勤務開始日~半年間(研修期間)
※ 勤務開始日は応相談
※ 半年間の研修期間を経て、職員採用に向けての面接あり

■勤務時間および休日
9時~18時(実働8時間、業務内容により出勤時間に変動あり)
原則週休2日(取得日は、業務スケジュールにより決めます)
※ハイシーズン(特に、1,2,6,7,8月)は、早朝夜間の業務もあります。
※休日は、スタッフで調整しつつ取得するため不定期です。週末は休めないことの方が多いです。

■勤務場所
やまぼうし自然学校事務所および周辺:長野県上田市菅平高原(標高1250m)

夏はスポーツ合宿、冬はウィンタースポーツでにぎわい、高原野菜の農業が盛んです。そんな中、やまぼうし自然学校は山や森、沢や原っぱで、自然体験活動を実施しています。宿泊施設の方や農家さんとのつながりを大切にしています。
  
■応募条件
1.20歳以上の女性。
2.喫煙習慣がないこと。
3.基本的な礼節をわきまえている方。
4.子どもが好きで自然体験・環境教育に大きな関心を持っている方。
5.野外活動での特別なスキルは問いません、が!チャレンジ精神のある方。
6.基本的なパソコン操作ができる方(ワード、エクセル)
7.マニュアル車運転できる方。
  
■待遇
給与   基本給は規定に準じる(能力と経験に応じて優遇します)
交通費  通勤距離に応じて算出(上限あり)
※勤務中の傷害保険/賠償保険は当方で加入
※社会保険・労災保険適用

■応募方法
応募動機や自然体験の経験等を文章にまとめたもの400字程度、および履歴書を郵送でお送りください。
 〆切り:2011年4月30日消印有効

■採用までのスケジュール
2011年4月30日 応募書類締切(当日消印有効)
5月上旬    書類選考結果通知
5月中旬    面接
5月中旬以降 採用結果通知

※勤務開始時期は相談に応じます
※面接にかかる交通費、宿泊費等は本人負担です

■お問合せ・ご連絡は下記へお願いいたします
NPO法人 やまぼうし自然学校
採用担当 瑞慶覧明子(ずけらんあきこ)
info@yamaboushi.org
TEL 0268-74-2735 FAX 0268-74-2795

手作り竹とんぼ、被災地へ

火曜日, 4月 5th, 2011

「竹とんぼ、少し分けてもらえませんか?」

連絡してくれたのは、やまぼうし首都圏で活躍する会員のOさん。
実はOさん、「NPO法人日本エコツーリズムセンター」内に設置された
「RQ市民災害救援センター」のRQボランティアとして、
今週末に被災地へ向かいます。
そこでぜひやまぼうしの竹とんぼを被災地へ届けたいとの事。

「もちろん、喜んでっ!!」

私たちスタッフは、すぐさま、はせじぃお手製の竹とんぼを
せっせせっせと箱に詰め、小田さんのもとへ発送しました。
あっきぃの想いこもったイラスト段ボール入り。
全部で300本。
はせじぃが、今シーズン1本1本丁寧に削った竹とんぼ。

長野から東京へ。そして被災地の空へ。
竹とんぼが空高く飛び、
少しでも多くの笑顔あふれるきっかけとなりますように・・・。