Archive for 1月, 2012

3種類のクラフトに想いを込めて

火曜日, 1月 31st, 2012

熊本からスキー教室で菅平にやってきた高校生8人。

「市内から菅平に登ってくる途中、まわりがどんどん雪景色になって
“うわぁ~~~!!”って感動しました」とひとりの女の子。
そんな彼女・彼らが想いを込めて作ったのは、
ドリームキャッチャー、クルミのストラップ、森のキーホルダー。
見本をみて、それぞれのインスピレーションで、
「これがいい!!」と。

キーホルダーは黙々と木の輪切りを磨き、木の形を生かして描きました。
クルミのストラップはクルミを割って、
中の実を食べておいしい思いをした分、削るのが大変だったよう。
ドリームキャッチャーは最初が大変だったけど、
編むのは慣れればできた!羽付けが難しかった・・・と。

みんなとっても器用で、そして息がぴったりで、
3種類を同時進行で作っていったのに、
出来上がりがほぼ同時!
同じコースではない人とも、協力しながら、
終始和やかムードで、楽しい時間となりました。


大切に使ってね♪

やまぼうしに救世主、現る!!!

日曜日, 1月 29th, 2012

ここ数日の菅平は、嬉しくて踊ってしまいたくなるほど
たくさんの雪が降り続いています。
そのおかげで、昨日雪踏みをしたフィールドにも
さらにたんまり積もった雪。
嬉しいけれど、広~いフィールドの雪踏みを
がみちゃんとふたりっきりでするのには、あまりに広すぎる。。。

・・・と思い、急遽、やまぼうしとつながりのある皆さんに声をかけたところ、
昨日の今日で、4名もお手伝いに来てくれました!!!
まさに ☆救世主☆

さっそくスノーシューを履き、フィールドに向かうと、
途中、あまりにふかふか雪が気持ちよさそうで・・・
ダ~~~~~~~イブッ!!
“返り雪”がふんわり顔に、気持ちいい♪


↑ でもこれ、一度倒れるとひとりで起き上がるのは至難の技。
  試したい方は、必ず誰かと一緒の時に倒れてくださいね。

目的のグランドには昨日踏んだ足跡がうっすら。
サクサク、ふかふか、雪の感触を確かめながら、踏みしめます。
3人で踏んだ昨日とは比べものにならないスピードで、
あっという間に踏み終わり。たくさんいるって、やっぱりすごい!早い!!

早く終わったので・・・ともう1つのフィールドもお願いしちゃいました。
こちらは昨日踏んでいない分、さらに雪が深い。
疲れてきたら、倒れてみたり、泳いでみたり。
遊びながら、雪を楽しみながら、スノーシューダイエット。

↓↓↓ 最終的には、こんなにたくさん踏み固めました ↓↓↓

今回踏み固めたフィールドは、雪のブロックを切り出す場所になり、
2月に菅平高原へやってくる小学生がイグルーをつくります。
あと1~2回は雪踏みをする予定です。
スノーシューダイエットに参戦したい方、やまぼうしにご一報を。
日程があえば、ぜひ一緒に汗をかきましょう!
(※突然、募集をかけるかもしれません)

江戸城・日本橋散策&自然食ランチ

土曜日, 1月 28th, 2012

1月28日(土)
参加者20名。
最高気温5℃の東京でしたが、おひさまが顔をだし、
陽だまりを求めながらの観察会がスタート。
都心のど真ん中で自然と史跡を楽しみました。


お堀に氷が張るほどの寒さでも、参加者は元気いっぱい、歩く気満々!


本日は若手インストラクターが案内役を務めます



もうひとりの若手


鮮やかな彩りでたわわに実るコガネモチ


香りも姿も気品に満ちた満開のソシンロウバイ


天守台から大奥跡を眺望


ここが千代田区とは思えない、二の丸雑木林で冬の樹木観察


大手門から日本橋2丁目のランチ会場へ


架橋100年を迎えにぎわう日本橋


江戸城日本橋散策 1-28 ご一行さま

————————————————————-
次は一週間後、2月4日
おかげさまで満員御礼!キャンセル待ちですが
ご希望の方は
東京支部 担当:石川(090-5338-5741)まで
ご連絡ください。

ちょっと釜戸が必要で・・・

土曜日, 1月 28th, 2012

がみちゃんと一緒に、しばらく誰も足を踏み入れていない
「自然体験の森」の倉庫へと向かいました。

雪かき1本、ママさんダンプ2台、ソリ2台を持っていざ雪の森へ!

スノーシューを履いてもひざ丈まである雪の中を
ざっくざっく進みます。
誰も踏んでいない深い雪は、いい“ももあげ運動”になり、
あっという間に体はぽっかぽか。

森に到着すると、一面、誰も踏んでいないふかふかの雪!!
しんしんと降り続く雪の中、たまに遠くから聞こえる鳥のさえずり・・・。
贅沢なひと時です。
小屋のまわりもすっぽり雪に覆われていました。
普段は高すぎて簡単には登れない木も、今ならすぐに登れそう。
屋根にも手が届きそう。
雪って本当に不思議なものです。

ホッと一息ついたところで、倉庫から釜戸と薪を引っ張り出し、
力を込めて運びました。結局がみちゃんと2往復。

苦労して運び出したこの釜戸と薪は、
明日の“雪踏み”大募集のため!
        ↓↓↓
2月に実施の体験学習『イグルーづくり』のために
フィールドの雪踏みを行います。
スノーシューの練習にも最適☆
1人より2人、2人より3人 大勢で一気に踏みたいです。
冬の運動不足にもぴったりです。
気持ちよく汗をかいたら、おいしい昼が待っています。
皆様のご参加、お待ちしています。
1月29日(日)10時 やまぼうしの事務所に集合です。

多くの方のご参加お待ちしております。
参戦可能な方、ご一報下さい。

●やまぼうし自然学校●
TEL:0268-74-2735
mail:info@yamaboushi.org

↓↓↓ “雪踏み”はこんな感じです ↓↓↓

歩いて、踏んで、たまに転がって・・・。
お待ちしています!!

夢を掴まえるジャム♪

金曜日, 1月 27th, 2012

京都の高校と山口の高校からノンスキ―プロ
グラムで来てくれた学生さん。

女性ばかり、計7名で行ったドリーム
キャッチャー作りは、なごやかな雰囲気で
スタートしました。

他校同士なのに、気づいたらお互いに
自己紹介。

「すごいね!」
「上手~!」
という声がたくさん聞こえました。

作る表情は真剣そのもの。

最後にはみんなの作品を丸くして撮影会。
「この模様、なんかバラみたい!」
と、ニコニコでした。

そして京都の学生さん達は、午後も
来てくれました!

午後はジャム作り。
今度は男の子も一人増えて、さらに
にぎやか。

 

ジャムをコトコト煮ている間に、りんごジャムクイズに挑戦!
あまりに夢中になりすぎて、鍋の中をたまに確認するという
ことも危うく忘れそうになっていました。

最後には、雪に埋もれた事務所の前のトナカイを
「救出する!」と言って、雪かきまでしてくれました。

終始笑いの絶えない、とっても楽しい一日になりました♪

根子岳周辺雪上ハイキングコース

水曜日, 1月 25th, 2012

 

かねてから菅平のペンションオーナーさん方と
一緒に看板設置などで協力させて頂いた、根子岳
周辺の雪上ハイキングコースが、ついに完成しま
した!

そして今日、オーナーさん達と共にコースの下見に
行ってきました。

奥ダボスからリフトに乗って、根子岳を見上げ
ながらぐるっと牧場を回るこのコース。


リフトの上は絶景!

スタートからゴールまで、迷わないように番号を
ふってある看板が設置されています。


サックサクの新雪を踏みながら進みます。

 
ギャラリーは、目の前にそびえる根子岳と
遠くに見える北アルプスの山々。
ガラスの彫刻のようにキレイな樹氷が
着いた木々。
青い空。

私たちの他にはまだだれも足を踏み入れていない雪原・・
と、思ったら先駆者が!

 
かわいらしいウサギの足跡。
他にもキツネやカモシカの足跡もありました。


キツネのうんちを見つけてみんな大喜び。
「10枚も撮っちゃった~!」とはしゃぐオーナーさん。

風がつけた美しい足跡や雪面に移る木々の影も、私たち
をやさしく迎えてくれます。
  

寒い中で飲むあったかいコーヒーは、最高でした。

歩く人の感性次第でいかようにも楽しめるコース。
やまぼうしでも、いつでもガイドでご案内します。

是非おいでください!!

大明神の滝ツアー

日曜日, 1月 22nd, 2012

筑波大学菅平高原実験センター主催の
「冬の大明神の滝を見よう!」ツアーに参加してきた

センター内を動物の足跡や樹木の話しを聞きながら
白い世界を滝を目指し進む

キツネやウサギの足跡発見、キツネのおしっこの跡も

しばらく行くと滝が現れた
夏の姿とは一変 幻想的な青色の滝

  
 

毎年3回ほど公開しています。
今年は締め切りましたが、是非来年参加してみてください!
(通常は試験区域内のため一般非公開です)

雪の森のお宝さがしハイキング

土曜日, 1月 21st, 2012


雪がちらつく菅平に、元気いっぱいの子ども達が集まりました。
イベントが始まる前から、
事務所の前で雪に埋もれたトナカイを救出したり、
雪山の上からそりで滑ったり・・・
「雪って楽しい!早く遊びたい!!」という子ども達の気持ちが
小さな体全体から伝わってきました。

「もっとたくさん雪があるところまでいこう!!」
たっぷり雪があるところまで移動して、
早速スーノーシューを履いた子ども達。
慣れないスノーシューに手こずりながらも
「誰も歩いていないところを歩きたい!」
「雪がふわっふわ~!」
「気持ちいい~!!」と大はしゃぎ。


途中の木についていた赤い実を見たり、
雪の下からちょこんと顔を出している花の種を飛ばしたり。
急斜面を発見してそりのコースをつくったり、
大きな木の上に登って、ジャンプで雪のふかふかを楽しんだり。




帰り道には、気付くと雪合戦が始まり大バトル大会。
大人が子ども達の集中攻撃で次々と倒されて大笑い。
雪の中での遊びが楽しくて、寒さも吹き飛ばすくらい
みんなの笑い声が響き、楽しい一日となりました。

【2011年度 JT NPO助成事業】

夜の体験学習*ドリームキャッチャーづくり*

月曜日, 1月 16th, 2012

1,2月の菅平高原は、スキー林間学校で賑わうホワイト月間。
やまぼうし自然学校は、夜のお仕事で賑わいます。
今夜は、双葉中学校2年生のみなさんと「ドリームキャッチャー作り」。


夕食後の19:00、生徒がぞくぞく集まります。


全員そろったところでスタート。
5クラスにひとりずつ、インストラクターがついて説明します。
楽しそうですね~、けみちゃん。


スキーしてご飯食べて、の後だからさぞ眠いだろうと思いきや・・・
「これ、好きかも!」なんて言いながら一生懸命指を動かします。

「不器用だけが取り柄です・・」と手が止まっちゃう生徒もいます。
そんなときこそインストラクターの出番だけど、隣の仲間が先生役になることも。
教えあう姿がすがすがしい! 


2時間後、渾身の作品!


最後の片づけまでしっかりやって、生徒退場。
いい夢見られるといいね!

森でモリモリ遊び隊 第八回:雪の森遊び

日曜日, 1月 15th, 2012

2012年初めての遊び隊。
クリスマスの願いが叶って、ふかふかの雪がみんなを待っていました。
車から降りてくる子ども達は、大きなスキーウェアに身を包まれ、
毛糸の帽子にスキー手袋、ゴーグルにスノーブーツ。
誰が誰だかわからない・・・
ひとまわり大きくなったモコモコ隊員たちは
一面に積もった真っ白な雪を見ると、一目散に雪の中へ!
泳ぐように歩いたり、雪を投げたり、触ってみたり。
初めの会の前から“雪遊び”が始まっていました。

ひざ丈まで積もった雪を踏みしめながら森の中へ。
「進まない~」
「あはは、転んじゃったよ~」
「キラキラしててキレイだね!」
いつもの広場にたどり着くと、こちらもやっぱり一面真っ白。
「違う森みたいだね~」の声。


雪の下に埋まったキラキラ光る財宝を掘り続けた財宝発掘隊。
広~い部屋をつくって光の創造館をつくった館長さん。
歩いてたくさんの道をつくり「雪のジオラマみたいだね」とつぶやく子。
子どもが6人も入れる大きなかまくらをつくって招待してくれたかまくらづくり隊。
雪のお布団をかけ合って楽しむ子。
子ども達のいろんな遊びが、至るところでつくられていました。


だれも踏んでいなかった雪の森に、
子ども達の“遊びの跡”がたっぷり残り、
寒さを忘れるくらい、あっという間の楽しい時間になりました。

最後に・・・可愛い雪遊びの傑作3連発☆

☆来月は2012年2月19日、『雪の森遊び その2』です☆

前回の森のクリスマスの様子はこちら