Archive for 2月, 2012

雪のトレースで考え事。

水曜日, 2月 29th, 2012

スノーシューであちこち歩く、冬。
今日は、下見でもなくお客様もなく、スタッフだけのお楽しみ。

ひたすら、考え事した。

7人パーティーの最後尾。
足元には、しっかり踏まれたトレース。
聞こえるのは、自分の足音と息づかい。

トレース頼りにずんずん歩く。
ぼけーっとできた。
転ぶ心配なかった。

こんなスノーシュー、いいもんだ。
開放感たっぷりの仕事場で、考え事がはずんだ。
ぜいたくだよ。






※このぜいたくは、ラッセルしてくれる人がいるから手に入るものです。感謝。

今日のいつでもガイド

火曜日, 2月 28th, 2012

今日は久しぶりに冷え込みが厳しかったけど、お天気は快晴!
昨日ご予約を頂いたK様ご夫妻と愛犬ロコちゃんとスノーシュートレッキングへ出発


文句なしの景色を堪能
日曜日の根子岳スノーシュートレッキングとはまた違った自然を楽しめた


最後はお決まりのこれ!

まだまだ楽しめます!
スノーシューで大雪原を思いっきり駆け回りませんか?

スノーシューハイクin根子岳☆

日曜日, 2月 26th, 2012

「おはようございまーす!」

朝早い時間から続々と集まってくれた参加者さんは、総勢24名!

近くは菅平在住の方から、遠くは東京から夜行バスで来たという方、
前日はスキーをして今日はやまぼうしへという方まで、本当に様々な
方が参加してくれました。

 

天気は絶好の雪!今日しか出会えない景色と思い出を作りに
、いざ出発♪

 

あたりは一面、雪・雪・雪・・・
道端にそびえる、見事な樹氷に毎回足を止めては、「ほーっ!」
と歓声があがります。

  

  

 出た!根子岳モンスター!!
身長およそ5m。雪が降って寒い日じゃないと現れない怪獣です。これも
この天気ならではですね。

 

無事に全員が登頂!やったね!
皆さん髪の毛もヒゲも眉毛も、真っ白。樹氷ならぬ、人氷です。

そして帰りは一気に下降!

   
落差おそよ10mの急坂も一気に尻すべり!広い山道はみんなで一斉にソリすべり!

滑って笑って転んで笑ってまた滑って笑って転んで笑って・・・
本当に笑いの絶えない一日でした。

今日、この日この天気で、このメンバーだったからこそ体験できること
を、余すところなく最後まで楽しんでくれた皆さん。
無事事務所に戻った時の表情は、登頂したという自信と遊び切った疲れで、
どこか穏やかでした。^^

来月の腹時計は「十ノ原の森林整備」

土曜日, 2月 25th, 2012

先月の緊急募集で実施した雪踏みに続き、
3月の「腹時計」の日程と内容が決定しました!!

日  時:3月18日(日) 9:00~13:00
内  容:菅平高原 十ノ原別荘地 森林整備
参加費:無料! 炊きたてご飯とお汁付!

☆薪ストーブ・薪風呂・焚き火料理等々、薪がほしい方には朗報☆
森林整備で伐った木はお持ち帰りいただけます。
ぜひ一緒に体を動かして、おいしいご飯を食べて、お土産には薪も!

詳細はこちらをご覧ください。
http://yamaboushi.org/contents/hara/hara.html

皆さんのご参加お待ちしています。
※体を動かしたい、薪はいらないという方も、もちろん大歓迎です。

啓明学園 雪合戦!

金曜日, 2月 24th, 2012

菅平宿泊学習最終日。
4チームに分かれ、総当たり戦の雪合戦。
決勝戦と3位決定戦までして順位が決まるほど均衡した戦い。
結果・・・
優勝:林、2位:山、3位:風、4位:火

最後に、こんなお話をしました。
「12月に最初に出会った時と今の顔つき、ずいぶん変わっていることに気づいてますか?

この3日間、“やってみよう!”とチャレンジしたことがたくさんあった。
そのとき、自分ひとりでチャレンジするよりも、横にいる仲間に声かけるとうまくいったり、チャレンジが数倍楽しくなることがある。
そんな場面がたくさんみられた。

これからも、周りの仲間にどんどん声をかけて、いろんなチャレンジを楽しんで欲しい。」

“一人っ子が増えている”
“ひとりだと頑張れるのに、仲間と協力するってことがなかなかできない”
そんな声がよく聞かれる。

ひとりでできちゃうことってたくさんある。
案外ひとりのほうが、大勢よりうまくいくこともある。
だけど、できたときの喜びは、仲間と分け合えたほうが100倍嬉しい。
予想外の発見や発明は、仲間と一緒のほうがたくさん生まれる。
その楽しみを味わって欲しいと思う。

雪とともに活動した3日間は、そのチャンスがたくさん転がっていた。
この経験が、自分で周りを楽しくするヒントになれば、と思う。
何年先でもいい。
この先もずっと、応援しているよ!



すってんころりん高校生

金曜日, 2月 24th, 2012

自然体験を楽しんだ子ども達を見送るため
菅平のメイン道路でバスが来るのを待っていたスタッフ6人。
その手には「ア・リ・ガ・ト・ウ」のメッセージを込めたソリを
一人ひとつずつ持ち、そわそわしながら待っていました。

道路際で待っていると、意外といろいろな人が通るものですね。
いつもお世話になっている方々が通ると、
ついつい手を振ったり、お辞儀をしたり、「ア・リ・ガ・ト・ウ」を掲げてみたり。
みんなで大騒ぎをしていたからか、
近くで貸切バスに乗り込もうとしていた埼玉の高校生が
そんな私たちをちらり、ちらり、見て言いました。
『あの~・・・、そのソリ、貸してもらえませんか?』

写真を撮りたい!と。
「どうぞどうぞ。せっかくだからバスのお見送りで待っている
スキーのインストラクターさん達にみせてきたら?」
『はい!!行ってきます!!』

撮影が終わると、走ってソリを返しに来てくれた高校生。
そのうちの一人が、!!すってんころりん!!
思いっきり転んでみんなで大笑い。
コントのような、なんだか楽しい偶然の出会いでした。

啓明学園 イグルーキャンドルナイト

木曜日, 2月 23rd, 2012

19時。
「うわぁ~。」の歓声とともにバスを降りる子どもたち。

自分たちが作ったイグルーが、暗闇に優しく浮かび上がる。
想像はしてみたけど、遥かに超えていた!
そんな表情の子どもたちだ。


切っても切ってもまだ足りない!と言われたブロック。
切り出し担当はのこぎり片手に頑張った。

いざ運ぼうと思ったら腰が抜けるほどの重さ。
これ使えばいいじゃん、とそりを差し出してくれた仲間、かっこよかった。

積み上げるほどに、だんだん手におえない高さになってきた。
脚立に登ってみたら、足がすくむ。
それでも壊れないんだから雪のブロックは強い!


昼間の作業のあれやこれやが映像となって浮かび上がる。
よくやったな~!自分たちを褒める子どもたち。
会話を弾ませる不思議な力を持つろうそくの明かり。
あっという間の1時間。

啓明学園 チャレンジ、かんじき体験!

木曜日, 2月 23rd, 2012

前夜、“チャレンジ”の説明を受けた子どもたち。
朝9時、班毎のチャレンジが始まった。

やってるやってる!


チャレンジ!“あぶり出し”
雨降ってるけど、マッチは慣れたもの^^
うまく文字が読めたかな?


チャレンジ!“菅平クイズ”
何々?菅小の5年生は何人かって?
そんなの知るわけない!知ってびっくり!

途中から雨脚強まりチャレンジ切り上げ。
ゴールに戻った子どもたちは、足早にバスに乗り込んだ。
さて、結果やいかに。
チームワークやいかに?!

啓明学園初等科 そり遊び!

水曜日, 2月 22nd, 2012

「みんなで楽しもう!」
これを合言葉のように、14時スタートの合図!
子どもたちは、一斉に斜面をすべりおりた。

丸ソリ。長ソリ。ぺらソリ。肥料袋。
いろいろな種類のそりを貸し借りしあって滑る。
二人乗りで滑る。よーいどんで競争する。
何度も何度も滑る。

この時点で、脇に控えているブルーシート。
啓明学園では、もうすっかり定番。
私はひそかに、水戸黄門の印籠みたいだと思ってる。
なぜかって?

最後の最後に、クラス全員が乗って「ザァーーー!!!」と滑る。
これが盛り上がるんだ。
時計を見ると、16時。すっかり寒い。

14時からの2時間は、このためにあるといっても過言ではない。
「みんなで楽しもう!」の真意はここにある。
個々のすべり、競争、二人乗り・・・そこでつかんだ技が、このシートの上に集約される!

だから、轟音と共にすべりおりた50人の姿を遥かかなたに見たとき、大人たちは拍手喝采。
ちょっと言うこと聞けなくて先生に怒られたことは、つきつけられた印籠に飛び乗り見事返上という結末。
その調子だ!!

この日の夜19時半、スタッフはホテルにお邪魔した。
明日は「チャレンジ、かんじき体験!」
何が“チャレンジ”なのかの説明会。
子どもたちの目は真剣!明日が楽しみだ。

3月10日(土)シンポジウムにご参加下さい!

水曜日, 2月 22nd, 2012

「生物多様性なかの県戦略」ご存知ですか?
生物多様性国家戦略をうけて策定した県戦略です。
2月10日に策定されました。
掲載URL
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/biodiv/index.html
プレスリリース
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/hogo/press/press240210biodivnaganostrategy.pdf

戦略が策定されても皆さんが知らない事には話になりません。
そこで、3月10日にシンポジウムを開催し、戦略の内容と今後の関わり方について
みんなで一緒に考えることにしました。

3月10日(土) 10:00~16:30
長野県松本合同庁舎講堂(松本市島立1020)
参加費無料(事前申し込み不要)

■プログラム1)10:00~12:00講演
①生物多様性と私たちのくらし、生物多様性地域戦略の役割
  藤田 卓氏(財団法人日本自然保護協会)
②長野県の生物多様性の特徴とその危機
  中村 寛志氏(信州大学)
③生物多様性ながの県戦略の策定について
  窪田 達央氏(長野県自然保護課)
④生物多様性ちば県戦略・策定の過程とその後
  手塚 幸夫氏(夷隅郡市自然を守る会事務局長)

■プログラム2)12:00~13:30市民団体・企業の活動交流
昼食をとりながら会場内でポスター展示やパンフレットを見て交流
※ポスター展示ご希望の場合は事前申し込みが必要です

■プログラム3)13:30~グループ討論(ワールドカフェ)
これからどうしたら良いの?などなど、ざっくばらんに話しましょう!

■プログラム4)15:45~まとめ
また来年も会いましょう!

主催:生物多様性ながの県戦略シンポジウム実行委員会
共催:長野県

■お問い合わせ・ポスター展示申し込み先
長野県環境部自然保護課自然保護係:窪田
TEL026-235-7178
Email shizenhogo@pref.nagano.lg.jp

私も戦略策定委員として関わりました。
当日も実行委員として参加します!
多くの皆さんのご参加をお待ちしております!!!