Archive for 4月, 2012

「春の森遊びと焚き火料理」

日曜日, 4月 29th, 2012

菅平なのに、暑いくらいの黄金週間初日。
太陽と同じくらいキラッキラの子どもたち、大人たちが自然体験の森に遊ぶ気満々で大集合。
はじめましてのあいさつのとき、スタッフと参加者の距離は一番近くて2m・・・。
だんだん仲良くなることを願いつつ、まずはみんなの目・耳・手・鼻を目覚めさせるゲームから。
スイッチ工場、肩たたきゲーム、香りの神経衰弱でグループわけをしたら、森の中にかくれたものを探すゲーム。
なかなか正解がでなくてみんな必死。
正解一番乗りはおじいちゃん!二番は一歳のぼくちゃんとお母さんでした。
 

豪快焚き火料理の準備は、火おこしチームと材料切りチーム、やりたい方に分かれてスタート。
たっぷり火つけのための小枝を拾い、ドキドキしながらマッチをすって火をつけました。
メニューによって、「強火でお願い!」と言われてみたり、「50度を保って!」と言われたり・・・。
様々な要望に「よしきた!」と大張り切りで、火の番人が頑張ってくれました。
 

たくさんの野菜をざくざく切ったり、100個(!)のうずらの卵の殻をむいたり、
おいしいクルミ味噌を作ったり、よもぎ蒸しパンの材料を混ぜたり、飾りの甘納豆をつまみぐいしたり。
幼児さんから、おばあちゃんまで、自然と役割分担しながら楽しくお料理が進みました。
 
 

古代米を混ぜた桜色のご飯に、燻製に、カキナのクルミ和え&醤油和え&そのままスペシャル。
そしてイノシシ肉もたっぷりはいった、大なべ汁もたっぷり。
デザートのよもぎ蒸しパンまで、お腹がはちきれるまで食べました!
 

片づけをして、昼寝タイムを楽しんだ後は、森の素材で「春の森の妖精」を作りました。
クルミの殻のハンチング帽子をかぶっていたり、コノテガシワやヒノキのボタンのついたドレスを着ていたり、
なが~い手足が自慢だったり、はせじぃに似ていたり、枝の部分を上手に使って鼻にしていたり、
コメツガの髪飾りがついていたり、タイムマシンに乗っていたり・・・
なんとも愉快な「春の森の妖精」がたくさんできあがりました。
 

終わりの会では、妖精たちも一緒に、真っ赤に日焼けしたみんなの顔がぎゅ~んと近くに。
楽しかったね、おいしかったね、またいっぱい遊ぼうね~。

あっぱれ!一升枡

金曜日, 4月 27th, 2012

 明日の「春の森遊びとたき火料理」の準備中・・・
約50人分の米を計量するのに、このあいだ会員さんにゆずっていただいた一升枡が大活躍。
一回で一升が計量できちゃうんです!
 

 いや、一升枡なので当たり前なのですが、
以前は1kgしか量れないスケールで量ったり、小さなカップで何杯も量っていたので、
分量を間違えないかといつも冷や冷やだったのです。
ざざざっと一升枡にお米を入れて、ざ~っとお釜に入れる爽快感もたまりません!
これからも大切に使わせていただきますね。
 

 そして、明日使うお米は、がみちゃんの旦那さんが愛情をこめてつくってくれたお米。
一緒に混ぜる古代米は、会員さんがこれまた大切につくってくれたお米。
他にも、スープに入るプチベール、クルミ和えになるカキナも会員さんからのいただきものです。
作った人の笑顔が見える食卓って、なんて贅沢なんでしょう。
明日のランチはとびきりおいしいこと間違いなし!
あ~楽しみ。

やまぼうしインタープリター講座第1回(平日コース)

水曜日, 4月 25th, 2012

22日のAコースにつづき、平日コース(Bコース)を実施しました!

まず、インタープリターとは?というお話をやまぼうしの歩みや
環境教育の変遷とともにお話させていただき、
午後の「窯ピザづくり」を通して、インタープリターの関わり方によって子どもたちの学びがいかに深まるかを体験いただきました。

講座では、受講生が自然体験の醍醐味を知ることがインタープリターへの第一歩です。火を熾し、薪をくべ、火力をコントロールし、温まった窯でピザを焼く。
この一連の流れに、実にたくさんの“体験”が詰まっています。

マッチを擦り、うちわで風を送り、薪を動かし、材料を計り、生地をこね、バランスよくトッピング。ひとつひとつの作業がつながり、よりよいゴールに到達。

「何で窯ピザなんだろう?って思ってたけど、そういうことなんだね! 」
と感心された方がいましたが、まさにそうなのです。

何も、火をおこしたりピザを焼くだけが自然体験ではありません。(当たり前ですが)
身近な「野外」で自然を感じ働きかける“センス”は、
ちっちゃなころからの体験を積み重ねることで自然に身につくもの。

そのお手伝いができるかっこいい大人になろう!というのが、この講座のねらいです。
次回は7月4日(水)or8日(日)、「キャンプ直前!目指せキャンプの達人」
野外料理やキャンプで役立つ技術を学びます。
お申込みはコチラから!




やまぼうしインタープリター講座第1回Aコース

日曜日, 4月 22nd, 2012

やまぼうしインタープリター養成講座がスタートしました。
今日のコースは休日のAコース、大学生3名を含む総勢12名の参加がありました。
平日コースと比べると平均年齢がかなり若いです!

午後から雨予報だったので、当初の予定を変更し、ひとまず自己紹介だけ済ませてつるはしで数日前に開拓したhttp://blog.yamaboushi.org/?m=20120418自然体験の森での屋外プログラムを実施しました。

ピザの生地をこねて、お腹で発酵させている間に火を熾してピザ窯を温めます。
火熾しの仕方もやまぼうし流、ピザ生地のレシピもやまぼうし流、とことんやまぼうし流・・・
笹を採ってきて笹茶作りも同時進行、生地がいい具合になったところで薄~く延ばしてトッピング。
粘土細工を思い出しながら、誰が一番薄く伸びたか(大きいか)競い合っていました。

  
  
  熱々をほおばりながら満足顔の受講生たち。

午後は室内でネームバッジ作り、時間を忘れて作品作りに集中していました。

 

次回は7月4日(水)又は8日(日)
「キャンプ直前!目指せキャンプの達人」ということで野外料理やキャンプで役立つこと色々行います。

おまけ
移動中にみつけた動物の糞(白いのがキツネの糞の特徴だそうです)

自然体験の森のパイオニア!?

水曜日, 4月 18th, 2012

「あちゃ~、凍っててはがれない~」
がみちゃんが声をあげたのは、まだまだ半分くらいが雪おおわれた自然体験の森。

いよいよ4月22日(日)の、やまぼうしインタープリター養成講座の第一回から自然体験の森を使うので、
冬の間炭窯を囲っていたブルーシートをはずしに行ったときのひとこま。
4月も半ば過ぎですが、雪の塊が鎮座したブルーシートはうんともすんとも動きません。
そこで、つるはしを使って雪をどかすことになったのです。
その姿はまるで「自然体験の森の開拓者」!

この後、水道の上の屋根もかけて、ピザ釜を覆っていたブルーシートも外して準備万端。
帰りには、いい香りのふきのとうも両手いっぱいに。
雪解けの川の音を聞きながら、春の訪れにわくわくするスタッフなのでした。
これからの季節、外作業にでるときにはビニール袋かカゴがかかせません!

4月25日(水)にはインタープリター養成講座第一回のB日程、
4月28日(土)には、「春の森遊びと焚き火料理」もありますので、
ぜひみんなで春の菅平高原に遊びにきてください。

もう、半分経過!

金曜日, 4月 13th, 2012

4月ももう半ば!
学校の新学期開始とともに、林間学校・体験学習の企画、打合せが続く毎日。

雪解けとともに春が加速する菅平。
畑が始まり、ゲレンデに土が見え始めました。
春の賑わいに向け、いろいろなところでヒトが、動物が、重機が、動き回っています。

モソモソ・・・
わいわい・・・
グイグイ・・・
せっせせっせ・・・
こつこつ・・・

春だよ――――――!!!

とはいえ、しんしんと冷えてくる16時。
ストーブON!

登山セルフレスキュー講習会

水曜日, 4月 11th, 2012

5月から始まる学校登山。
数あるプログラムの中でも、高度な安全管理の考えと技術が要求される。

それに備え、やまぼうし自然学校の登山ガイドを対象に講習会を実施しました。
場所は、「上田市民の森」。

講師は、神津一男氏。
山岳会に所属し、数々のガイドや救助活動を手がけてきた。
と紹介したら、「自分の楽しみ山行が増えちゃって・・」と笑う。
ここ数年毎年、ヒマラヤアタックにもチャレンジしている。

登山ガイドの一番重要な仕事は、参加者を安全に登らせ下山させること。これに尽きる。
怪我や病気に備え、救助の技術を習得するのも、そのためだ。
ガイド本人が、自信をたずさえ気持ちに余裕ある引率ができる。


今日学んだ技術や考え方は、多岐にわたる。
実は、明日からが本当の講習スタート。
復習を繰り返すことで、やっと自分のものにできるからだ。
備えあれば憂いなし。

染屋の森で「親子で巣箱づくり」

日曜日, 4月 8th, 2012

上田市古里の「染屋の森」で実施した巣箱づくりのイベント。
昨日までの冷え込みがウソのように一気に暖かくなった今日、
たくさんの参加者が集まり、巣箱づくりに挑戦しました。

ピッカピカの1年生になりたての子や、さらに小さな幼児さん、
中学生のお姉さんや大人も含めて、ぐるっと輪になり、まずは自己紹介。
みんなの顔と名前をしっかり聞いて、さっそく巣箱づくりに。
必要な材料をひとり1セットずつ集めて、しっかり説明を聞きます。


グラグラ不安定な板と板を、釘とトンカチを使ってつなげていきます。
トンカントンカントントコカン・・・・
森の中にトンカチの音と子ども達の声が響きわたりました。
「難しいよ~」
「だんだんうまく打てるようになってきた!」
「あっ!!ちょっとずれちゃった・・・」などなど。


たくさん叩いて全員巣箱が出来上がったところで、
焚き火で作ったあったか~いお汁を食べて、ホッと一息。
「外で食べるとおいしいね~」
ご飯を食べ終わった子供たちは、食休みどころではなく、
目の前の水路へ一直線!水遊びが始まりました!
今日は特に暖かかったので、
子ども達の水遊びはじゃぶじゃぶランラン♪ 止まりませんでした(笑)
あまりに楽しそうなので、みんなで隣りの森へも遊びに行きました。
フジのツルで遊んだり、落ち葉かけをしたり。

最後は出来上がった巣箱を持って、みんなでパチリ!
春の暖かな日差しの下、楽しい時間となりました。

染屋の森では6月にタケノコのイベントを予定しています。
こちらもぜひご参加お待ちしています。

ダボスの丘リゾート

水曜日, 4月 4th, 2012

昨年の暮れ。
菅平の知り合いから、名刺を頂いた。
「この方、ぜひ訪ねてみて。」 と。

そこで、シーズンが終わり気持ち落ち着く今日、訪ねてみたのでした。
「ダボスの丘リゾート」
http://sugadaira-resort.com/restaurant

玄関をくぐると、落ち着いた気持ちが興奮モードに!

大きな窓から明るい日差し。
清潔感たっぷりのダイニング。
窓の外には雪の白とマツの緑のコントラスト。
そして、ステキなご夫婦が丁寧に言葉を選び、ここの魅力を語ってくれた。

「自分たちが楽しくいることが何より大事。」
そういう奥様は、すでにイベントを企画し、体にやさしい料理の数々を試作している。

「一緒になにかやりましょう!!」
興奮モードはワクワクモードに。

おなじ菅平でありながら、異空間にタイムスリップできそう。
いつか、泊まってみたい。

うどんもそばも。

火曜日, 4月 3rd, 2012

「うどんかそばか、どっちがいい?」
究極の選択を迫られる。

・・・・・

「じゃぁ両方やるか!」
待ってましたー!その一声。

毎年この時期に、“シーズン終了お疲れさま!シーズンスタートガンバロー!”
の気持ちを手打ちで送ってくれる山彦氏。

「がっつく」の表現がぴったりの数分間。
味も気持ちも残さず平らげましたとさ!


※おそばの海苔に文字が隠れてるよ^^クリック!