Archive for 10月, 2012

マメに働く、豆日和

月曜日, 10月 29th, 2012

先日、会員さんにもお手伝いいただいて、チェーンソーで切りまくった丸太たち。
年輪の美しい断面が並ぶと、花丸をたくさんもらえたようで、ウキウキ。
玄関前のヤマボウシとサトウカエデも美しい事務所には、
今日は最強薪割り機がやってきました。
 

なんと会員さんお手製のごっつい刃がついていて、農機具のエンジンを積んだ、
ガソリンで動く薪割り機です。
やまぼうしの電気の薪割り機では歯がたたなかった大物を、次々と割っていきます。
薪ストーブ仲間のお二人の息がぴったりで、ほれぼれします。
 

私は細めの薪を、傍らでそれこそ細々と割りながら、
割れた薪の山に向かって投げた薪の出す、「ポカン」という心地いい音を楽しみます。
 

途中でお日様が出てきたので、はせじぃが収穫した花豆を天日干し。
今年は、真っ白な豆もありました。
それから、育ち過ぎたモロッコいんげんの豆も天日干し。
「試しに豆を採ってみようか」とやってみたのに、とっても美しい豆がでてきました。
映画の「アメリ」のワンシーンのように、豆の山に手を入れたのは、
言うまでもありません。
 

午前中だけで終わらずに、少し寒くなった3時ごろまでめいっぱいかかった今日の作業。
「薪ストーブは大変だけど、木を伐る時、薪割り、
そして火を炊くときと、3回楽しみがあるからいいんだよ」とにこにこのお二人。
素敵です!
ありがとうございました!

よく、「夏以外は何しているんですか?」と聞かれますが、こんなことをしているんです!
11月8日にも、「チーム腹時計」として作業体験の日がありますので、
ぜひ皆さんも、遊びに来てくださいね。

いつでもガイド ~自然体験の森へ~

日曜日, 10月 28th, 2012

今日のいつでもガイドは・・・
夏にも群馬から来てくれたこっちゃん(4歳)とご両親。
寒くて、小雨が降る中、事務所に現れたこっちゃんは
ピンクの雨合羽で準備万端の姿。
ということで、近くの自然体験の森へ「秋」を見つけに出かけました。

どんぐりを拾ったり、きれいな葉っぱに出会ったり、
くっつき虫を見つけて、セーターのお母さんにピッタと付けたり。

途中、事件現場に遭遇。
野鳥がキツネに食べられた場所・・・

ここで、いのちのつながりを少しお話ししました。

帰り道、自然体験の森の畑に寄り道。
最後の力を振り絞って色づいた甘~いトマトをお口にポン。

事務所に戻って、はっぱのしおりを作りました~
うれしいことに、はせじいが薪ストーブで焼き芋を作って
待っていてくれました~

また、遊びに来てね!こっちゃん。

11月4日 リラクオーレマルシェに出店します

土曜日, 10月 27th, 2012

 山が一番彩り豊なこの時期、事務所の後ろのゲレンデも、
根子岳も四阿山も、日ごとに美しさを増していきます。
今年はいつもよりも、モミジの赤が濃いように思うのは私だけでしょうか。

 11月4日に、そんな秋の森の恵みを携えて、リラクオーレマルシェに出店します。
毎回新しい出会いのある、楽しいマルシェ。
作者の思いのこもった小物や本、フードメニュー、野菜などなどがずらり。

 今回のやまぼうし自然学校の目玉は、なんといっても「焼き芋」!!!
今日けみちゃんと一緒に、はせじぃが丹精込めてつくったサツマイモと紫イモを
大量に掘ってきましたので、皆さんおならぷーぷー覚悟でお越しください。
 

 そして毎度おなじみ「森の巨大すごろく」の他、
大人向けには「秋の森のリース」、お子様向けには「白樺パズル」を準備していきますよ。
どんな芸術の秋が飛び出すのか、楽しみです。
 

お隣では、カワイイちびっ子たちによるストライダー(ペダル無し自転車)レース、
SAKU BLOOM Smile Riders CUP“も行われるとのこと。
秋の一日を、ゆったり、のんびり、佐久ミレニアムパークでお過ごしください!

採用情報

月曜日, 10月 22nd, 2012
やまぼうし自然学校では、現在新しいスタッフを若干名
募集しております。



幼児から大人まで、あらゆる年代が自然と仲間を求めて
やってきます。

春夏秋冬、表情豊かな菅平高原の自然は、絶好の舞台。
キャンプや体験学習、イベントの企画・運営・現場での指導を
したい方、将来自分で自然学校をやってみたい方、 信州に
住みたい方、一緒に働きませんか? ご応募お待ちしています!

■仕事内容と人数
企画・運営・環境整備など実施事業全般
常勤スタッフ 若干名
■勤務期間
勤務開始日~半年間(研修期間)
※ 勤務開始日は応相談
※ 半年間の研修期間を経て、職員採用に向けての面接あり

■勤務時間および休日
9時~18時(実働8時間、業務内容により出勤時間に変動あり)
原則週休2日(取得日は、業務スケジュールにより決めます)
※ハイシーズン(特に、1,2,6,7,8月)は、早朝夜間の業務もあります。
※休日は、スタッフで調整しつつ取得するため不定期です。週末は
休めないことの方が多いです。

■勤務場所
やまぼうし自然学校事務所および周辺:長野県上田市菅平高原
(標高1250m)

■応募条件
1.20歳以上の男女
2.喫煙習慣がないこと
3.基本的な礼節をわきまえている方
4.子どもが好きで自然体験・環境教育に大きな関心を持っている方
5.野外活動での特別なスキルは問いません、が!チャレンジ精神のある方
6.基本的なパソコン操作ができる方(ワード、エクセル)
7.マニュアル車運転できる方

■待遇
給与   基本給は規定に準じる(能力と経験に応じて優遇します)
交通費  通勤距離に応じて算出(上限あり)
※勤務中の傷害保険/賠償保険は当方で加入
※社会保険・労災保険適用

■応募方法
応募動機や自然体験の経験等を文章にまとめたもの400字程度、
および履歴書を郵送でお送りください。
〆切り:2012年11月30日消印有効

■採用までのスケジュール
・2012年11月30日
  応募書類締切(当日消印有効)
・12月上旬
  書類選考結果通知
・12月中旬~
  面接
・12月下旬以降
  採用結果通知
・1月中旬以降
  勤務開始
※勤務開始時期は相談に応じます
※面接にかかる交通費、宿泊費等は本人負担です

■お問合せ・ご連絡は下記へお願いいたします
NPO法人 やまぼうし自然学校
採用担当 瑞慶覧明子(ずけらんあきこ)
TEL 0268-74-2735 FAX 0268-74-2795

木の実募集!!

月曜日, 10月 22nd, 2012
朝の気温がすでにマイナスの菅平。
紅葉も今が一番の見頃です。

前毎秋恒例の木の実集めのご協力
お願いです。ドングリ、マツボックリ、くるみ・・
などなどなど、クラフトに使えそうな木の実
であれば何でも結構です!

ただし、虫食いやヒビ割れなどがない、キレイな
モノに限らせていただきます。
(キズがあると、せっかくいただいても使えません><)

以下募集要項です♪

■木の実特に、シラカシ・オニグルミ・小サイズのアカマツ
やカラマツ・コノテガシワがうれしいです。

■処理ドングリはできたら熱処理をしていただけたら
うれしいです。(電子レンジで1分ほど加熱)
もし未処理の場合は、その旨をこちらにお伝え
ください。

■その他「ココにたくさん木の実が落ちてるよ!」という
情報も大募集中です!!

是非、ご協力よろしくお願いいたしますっ!!

(写真はイメージです:トチノミ)


キノコ狩り&キノコ料理三昧 開催しました

日曜日, 10月 14th, 2012

秋晴れのとても気持ちのいい日曜日。
東京、群馬からの参加者も交え、30名を超える参加者の皆さんが大集合。
「マツタケ採るぞ~」「お、そのキノコ篭いいねぇ」と気合も、支度も万全。
講師をお願いした地元のきのこ名人は、
「これも食べな~」と胡麻和えに手作り味噌に、シソジュース、
かぼちゃに小松菜まで持ってきてくださいました。

林道から入りやすく、傾斜も少ない、山歩き初心者向けの場所を選んでくれた名人。
森に入った途端に「お~あった~」、「きれ~い」、「おいしそ~」とにぎやかでした。
昨年も参加してくれたちびっこキノコ博士は、次々に大物を発見!
大人よりも地面に視点が近いからでしょうか、さすがです。
 
 
森から出てみると、体中に「バカ」がたくさん!
「バカ」とはこのあたりの言葉で、ヌスビトハギのような人間や獣にくっついて種子散布をする植物の種のこと。
バカのとりっこをしながら、お互いの収穫をたたえあって、みんなにっこり。 
 

採ってきたキノコは、図鑑を見ながら自分たちで鑑定もしてみましたが、
きのこ名人のほれぼれするような手際のよい鑑定で、約1/4は食べられないきのこと判明。

「おなかすいた~」という声とともに、キノコ料理三昧のランチスタート。
秋の森を歩いてぺこぺこのお腹には、どの料理も絶品!(これがスタッフの作戦です★)
特に、キノコ汁やキノコとベーコンとさつまいものチーズ焼きが人気でした。
 

お昼の後は、いい香りのクロモジの枝を使って「キノコ鉛筆」づくり。
鉛筆の芯を入れたクロモジの枝の先に、おがくず粘土でキノコの傘を作りました。
カラフルなキノコ、芸術的なキノコがたくさん出現しました。
 
 

終わりの会で感想を聞いてみると
「師匠!素晴らしかったです!」と名人との出会いを喜ぶ声がたくさん。
「サクラシメジが採れてうれしかった」という声や、「キノコ汁がおいしかった!」
「知らないキノコにたくさん出会えて楽しかった」 などなど。

「また来年、来るからね~」と車窓からちびっこキノコ博士が叫んでくれて、楽しく終了しました。

四季があり、湿度がたっぷりの日本ならではのお楽しみ。
また来年!

炭焼き&窯ピザづくり

土曜日, 10月 13th, 2012

炭焼きを一度見てみたい!
アツアツのピザをつくって食べたい!
そんな好奇心旺盛な皆さんが菅平に集まりました。

3泊4日かけてじっくり焼いた炭窯の中は真っ赤。
掻き出しが楽しみです。

まずは、炭小屋の裏側へまわり、この4日間の様子を聞き、
炭焼き職人!はせじぃが炭を掻きだす様子をじっと見つめます。

いざ、体験!!

炭窯の近くは・・・
「想像以上にあっつ~いっ!!」
「顔が溶けそう・・・」
「炭のカランカランって音、いいですね~」

夢中で炭の掻きだしをしていたので、
肝心のピザトッピングが間に合わず、大慌てでしたが、
窯の余熱で焼いたピザは、チーズがとろけてアッツアツ。
とってもおいしかったです。

今回は、参加者さんが持ってきたおにぎりやサンドウィッチ、
アンパンも焼いてみました!
焼きミカンは・・・好みが半々に分かれましたが、
なんとも便利な炭窯です(笑)

食事の後は、森に落ちている素材を使って鑑賞炭づくり。

秋の森でゆったり楽しい時間となりました。

おばけキャンドル&焼き芋作り☆

金曜日, 10月 12th, 2012

 秋風ピューピュー吹いた朝。夏から秋へ、季節が移り変わろうと
していることを、肌で感じる日に、長和町で恒例の親子ふれあい会
に出張してきました。

今日のメニューは、おばけキャンドル&焼き芋作り☆
ハロウィンにピッタリな飾りと、寒い体を温めるホックホクの
焼き芋を楽しみました。

  
まずはおばけキャンドル作りの材料集め。
なにが「おばけ」なのかと言うと・・

ジャジャン!葉っぱおばけ!!
それぞれ拾ってきた葉っぱに目玉を貼って、ラミネートしました♪

   
そしてキャンドルは、トロトロに溶かしたオレンジ色のロウを
タコ糸に漬けて作ります。
チビちゃんも、お母さんも、一緒に作業♪

 
ステキな飾りが出来上がったら、みんながお家から持ってきた
焼き芋をパクリ。
さつま芋、紫芋、ジャガ芋・・
焚き火で焼いたお芋は、アッツアツのホッカホカ。

お芋のイイにおいはもちろん、焚き火で使った木からも
イイにおいが漂って、チビちゃん達も、お母さん達も、
自然とニコニコ。

赤・黄色・緑が混ざった、この季節だけの葉っぱを
閉じ込めたクラフトと、お腹に詰めた甘いお芋の味。

きっとみんなにとって、楽しかった思い出の1ページに
なるといいな。

 

三浦半島 猿島自然観察会

土曜日, 10月 6th, 2012

海に次々と発生する台風にスタッフは
開催当日までドキドキでしたが、本日は予定通り就航。
気持ちの良い秋風を受けながら猿島に渡り
樹木観察、歴史建造物見学、
ビーチコーミング&クラフト制作と
ちょっと欲張りな一日でした。


本日の集合は8:30とちょっと早目。
登校途中の高校生が行きかう横須賀中央駅


横須賀の街中を抜け桟橋に到着。戦艦三笠には乗船しません。
乗船は右手に浮かぶ「しーふれんど号」


おさるさんのゲートをくぐって船着き場へ


いざ!


波も穏やか。10分ほどの乗船でで猿島に接岸です


ようこそ無人島猿島へ!
BBQセットとBeerを抱えたビーチの人々を横目に島内散策へ


太陽が顔をだし、海原がきらめきます


八丈ススキが生い茂る広場から望む対岸は房総半島。
今日はちょっとかすんでいます


温暖なため見上げるほど巨大に成長したカラスザンショウ


足元にはセンニンソウの可憐な花が


猿島の要塞跡。
明治初期に建造され今もほぼ完全な状態で残っている


ひんやりとした空気が漂うフランス積レンガ建造物。
全国で4件しかなくきわめて貴重という


パラソルの下でランチタイム


午後からはビーチコーミング。
素敵な貝殻やシーグラスを見つけてペンダントに仕立てます


見つけた人から制作開始


海からの贈り物 その1


海からの贈り物 その2


こんなのも見っけ!


BBQなしでも楽しい無人島猿島の一日でした


またのご参加をお待ちしています!

第五回森でモリモリ遊び隊:遊び隊まつり☆

土曜日, 10月 6th, 2012

前回のキャンプから打って変わって、少しひんやりした菅平。
5回目の森でモリモリ遊び隊は、『遊び隊まつり』!
それぞれが考えたお店屋さんを手づくりして、お客様を迎えます♪

 
まずは全員で、大事なお金のルール決め。
このおまつりでは、本物のお金ではなく、木の実をお金として使いました。
すると隊員の中から、「じゃあ単位は“円”じゃなくて、なにか違う
ものにしたら?」という声。
みんなで意見を出し合って、“マウンテン”という単位に決めました!
アカマツは500マウンテン、クルミは100マウンテン、ミズナラは10マウンテン♪

それぞれのお店に分かれて、おまつり開始!!

 
受付はぎんこう屋さん。じゃんけんで店員に買ったらお金がもらえる
というシステム。窓口には、ATMカード挿入口まで♪

 
おやつ屋さんでは、きなこ餅を手作り。あっという間に売り切れ。
ジュース屋さんでは、店員の絶妙なブレンドでシロップとはちみつ
を配合!

 
輪投げ屋さんは、縦ではなく横から輪っかを投げるバージョン!
弓飛ばし屋さんでは、店員さんが親切丁寧に飛ばし方を教えます。

 
釣り堀屋さんは、手書きのお魚の絵にクリップをつけて。これが
なかなか難しい!
くじびき屋さんは景品の中に『わたあめ券』を入れました!

 
お茶屋さんは本格的なお茶道具を使って。「結構なお手前です♪」
わたあめ屋さんはみんなベトベト。でもこれが楽しい♪

お昼ご飯はさつまいもカレーと
やまぼうし特製お味噌汁!
最後はお味噌汁屋さんまで登場して、みんなでぜーんぶキレイ
にたいらげました♪

みんなの自由な発想と仲間同士の協力で、ひとつひとつの
お店がとっても素敵なものになりました。
途中チビぎんこう強盗が出たり、景品がなくなったら新しいアイディアが
出たり・・子どもだけでなく、大人も一緒に笑って遊んだ一日。
最後は、仲間だけでなく来てくれたお客さまにも「ありがとう!」
を言って、終わりました。^^