Archive for 12月, 2012

いつでもガイド ~スノーシューwith幼稚園同級生たち~

金曜日, 12月 28th, 2012

今日のいつでもガイドは森でモリモリ遊び隊隊員のお母様からのご依頼で
幼稚園の同級生3家族7人でスノーシュー&雪遊びをしました~。

スノーシュー初めてと言うことで、出発前に履き方と、歩き方の練習をしていざ出発!!
 
最初は笑顔で格好良くポーズ・・・
しかし、慣れないスノーシューで自分の足を自分で踏んですってんころりん。
でも、さらさらパウダースノーで転んでもへっちゃら、転ぶのが楽っのしい~

 
坂道ではそり滑りもしました~
最初はうまく滑れなかったけど、ほら!

 
ひとしきりソリで遊んだ後は、自然体験の森へ行きました。
橋渡りの難関を突破(ところどころに穴が空いています~)し、
動物の足跡を追いかけながら進みました~
3ト君(かいと、えいと、ゆうと)で3トは何処まで続いているか調査。
川まで続いていました~

  
  
森のお花屋さんになったり、雪だるまづくり、雪合戦、ゆきバッティング?
雪まみれで遊んだ後は、特製ココアで一息。
何が特製って、森の魔法使いの棒でまぜまぜしているんです!

 
最後に全員でパチリ
まだまだ遊びたいけど、お昼の時間もとうに過ぎているので
帰ることにしました。
行きは転んでばかりいた皆も、帰りはスイスイ歩くことができました。

あっという間の3時間。
また遊びに来てね!

クリスマス、おいしいもの三昧

火曜日, 12月 25th, 2012

「メリークリスマス!」
まずは、お茶目なエプロンをしたサンタが事務所にやってきてくれました。
私たちの熱烈リクエストに答えて、特製クリームシチュー会が実現したのです。
面取りをしたニンジンたっぷりのシチューに、煮豆やサラダ、炒め物にデザートも。
2日続けて、なんとも豪華なランチになりました。
 

午後には、午前中スキーを楽しんでいた別のサンタが、今度は焼き菓子とケーキを持って登場!
アプリコットがおいしい、おしゃれなケーキをこれまたペロリ。
と、宅急便で熊谷のサンタからゆずがどっっさり届きました。
 

お茶の時間になると、今度は両手にケーキを持ったサンタが来てくれました。
これまでのご馳走たちを胃袋の隅に寄せたら、別腹が登場するから不思議です。
果物がたっぷり挟まったケーキを食べないわけにいきません。
おとといのイベントで、かわいいサンタにもらったクッキーもおいしくいただきました。
たくさんのサンタで大賑わい&お腹がはちきれそうなクリスマスでした。
皆さん、ごちそうさまでした~。
 
 

メリークリスモチ!?

月曜日, 12月 24th, 2012

「あなたの力が必要です!!!」
はせじぃのSOSを快く引き受けてくださった会員さんと一緒に、
今日は軽井沢まで巨大な栗の木を取りに行きました。

直径が、ゆうに70センチはありそうな大物&切りたての生木なので、
強靭な肉体を持ってしても、一人ではびくともしません。
思わず笑っちゃうくらいの重さでしたが、笑っちゃうと今度は力がはいりません。
気合いを入れて、軽トラの荷台に乗せました。
 

菅平に帰ってきたら、昨日のトナカイもしめ飾りも埋まるくらいの
ふわふわのパウダースノーがどっさりお出迎え。
 

頑張ったご褒美は、事務所を開けた途端に目に飛び込んできました。
また別の会員さんが、昨日つきたてのお餅を持って、遊びに来てくれていたのです。
早速薪ストーブから熾きを取りだし、炭も加えて七輪で焼きました。
手作り餅に手作り餡子でメリークリスモチ!!
私は薪運びはぜんぜん役に立たなかったのですが、ご褒美だけいただいてしまいました。
ごちそうさまでした~&ご協力、本当にありがとうございました。
 

森のしめ飾りづくり 開催しました

日曜日, 12月 23rd, 2012

「今年は、しめ飾りづくりないんですか?
ぜひやってほしい~!」
森でモリモリ遊び隊にご参加いただいているご家族からのラブコールにより、
今年もしめ飾りづくりイベントを開催しました。

今日の師匠であるインタープリターより、しめ飾りの種類や飾る場所などを教えてもらい、
さっそく玄関に飾る飾りから作り始めました。
初めて縄をなう方がほとんどで、最初はなかなかうまくいかず、悪戦苦闘!
でも、手のひら全体でなうコツや、左手でしっかり押さえることなどを教わり、
どんどん形になっていくと面白くなってきます。
 
 

外では、雪合戦が始まったり、お昼の五平餅用のヘラを削ったりとにぎやかでした。
焚き火がちょうどよくなったところで、五平餅をこんがりあぶりました。
実はこの五平餅のヘラはおみくじになっていて、超大吉の五平餅もあってみんなにっこり。
 
 

午後は、午前中の続きをつくったり、竹でニコニコ門松を作ったりしました。
おちびちゃんが雪に落ちたり薪ストーブに触らないように、みんなで気を配ったり、
ドリルの使い方を教えあったり、出来栄えをたたえあったりといつのまにやらみんな仲良し。
 

最後は、出来上がった作品を手に記念写真。
この手作りのしめ飾りがあれば、きっときっと2013年も楽しいことがたくさんあることでしょう。
ご参加ありがとうございました、よいお年を!

雪原キラキラ、初滑り~

木曜日, 12月 20th, 2012

ゲレンデオープン情報に、早く滑りたくてうずうず。
今日は、キャンプの下見に初滑り。
スキーブーツで、きゅっきゅっと雪を踏みしめる感覚に、
「はぁ~、スキーシーズンやってきたね~、うれしいね~」
 

入念に、入念に準備体操をした後、いざリフトへ。
リフトからは、きれいに雪化粧をした根子岳、四阿山、そして浅間山が一望できました。
個人的に、浅間山は雪化粧をしている時が一番好きです。
 

ゲレンデには、色とりどりのスノーボーダーやスキーヤーが気持ちよさそうに滑っていました。
雪原に反射するお日様が、とってもまぶしかったけれど、
見上げれば青空と樹氷のコントラスト!
遠くのイルミネーションもいいけど、この樹氷の美しさにはかなわないな~と
自然の芸術に見とれたひとときでした。
 

いよいよ26日からは、スノーキャンプin信州 はじまりま~す。
※12月と1月の参加申し込みは締め切りました

今期第1号! ノンスキープログラム

水曜日, 12月 12th, 2012

今期第1号のノンスキープログラムを実施しました!
※ノンスキー:スキー修学旅行、研修旅行や林間学校で菅平に訪れた学校向けプログラム。スキーをしたいが、何らかのアクシデントでスキーが出来ない生徒向けに実施。

福岡市立福翔高等学校2年の皆さんです。
http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/fukusho/

輝く青空、さらっさらのパウダースノーの最高のコンディションでスキーを頑張る生徒さんと別に、薪ストーブと暖かい日差しの指す事務所の中で8名の生徒さんと実施しました。

事務所入り口の「干し柿」を発見した先生のご要望で味見を最初にして、
3種類の見本の中から作りたいものを選ぶところからスタート。

森のキーホルダー、クルミのストラップ、ドリームキャッチャーを作りました。
キーホルダーでは木の輪切りが堅くて、金具が付けられない女子生徒さんに、
男子生徒さんが「やってあげるよ~」とうれしい協力もありました。

およそ2時間の体験時間でしたが、あっという間の楽しいひと時でした。
それぞれ素敵な作品と、体験が出来たかな?

明日は東京ディズニーランドで楽しむそうです。
クリスマスのイルミネーションがきっと綺麗でしょうね!

また、菅平に遊びに来てくださいね!

   

  

組木絵づくり体験 開催しました

日曜日, 12月 9th, 2012

一面の雪景色に驚きながら、東京校で活躍中のインタープリター北村さんがやってきてくれて
組木絵づくり体験イベントを開催しました。
やまぼうしの糸鋸の他に、菅平小中学校から借りた糸鋸を準備し、
そして御代田の注文家具屋さんスタジオMさんから
様々な樹種の板をわけてもらうなど、様々なご協力をいただいて実現したイベントです。

 組木絵とは、着色はせず、自然の木の色と木目を活かして作る絵のことです。
最初に、北村さんから木の色の多様さや、自然界に青色はないけれど、
隣り合う木片のマジックで、さらに多様な色がつくれることなどをお話しいただきました。
日常では糸鋸を使っている方はいらっしゃらず、
糸鋸に触るのは小学校以来という方から、小学校の時にも使ったか怪しい人も!
まずは糸鋸に慣れる練習から始めました。
 

 下絵を書いたら、その線通りに慎重に切り始めます。
上手に切り進めるコツは、とにかくゆっくり平常心!
切り口を見れば、「あ、ここで集中力が切れたね」とか
「あ、うまいと褒められて動揺したね」とか、すぐにわかってしまいます。
 

 ものすごく集中するので、10分おきぐらいに休憩をいれながら作業が進みます。
途中で「顔がこわいよ~!楽しんでやりましょ~!」と声がかかるほど。
ピンチになったらすぐに「師匠~」と呼べば、鋭角のカーブや小さなパーツの切り方を
丁寧に教えてもらうことができました。
 

 同じデザインでも、使う木片によってガラッと印象が変わったり、
シンプルなデザインでも、面白い模様の板を使うと素敵なグラデーションができたり。
「普通の人だったら嫌がるような、一癖ある材料がおもしろいんだよ。」
「失敗なんてないんだよ。切りすぎたらそれを活かしたデザインに変更すればいいだけ。」
師匠からのアドバイスに勇気づけられ、どんどん楽しくなっていく皆さん。
ピースがぴったりはまった瞬間や、カーブがきれいに切れた瞬間には、思わず笑顔がこぼれます。
そして、自然の木の色彩の豊かさに、目を見張る瞬間がたくさんありました。
また、切っていたら煙がでるほどの堅い木があったり、色は似ているのに柔らかい木があったり、
もっともっと木のことを知りたくなりました。
 

 最後に木工用ボンドでピースを貼り付けて、初めてとは思えない作品が出来上がりました。
よくみたらちょっと段差があったりしても、ぬくもりと愛着のある作品たちが、
きっと皆さんの日常生活に、森の彩を運んでくるはずです。
 

 今回のイベントは、やまぼうしインタープリター養成講座の受講生の
「糸鋸を使った、大人の木工教室をやってほしい!」という声がきっかけでした。
ぜひ、こんなことやってみたい!というご意見がありましたら、教えてくださいね。

 

第七回森でモリモリ遊び隊:森のクリスマス♪

日曜日, 12月 2nd, 2012

みんなが来るのを心待ちにしていたかのように、ふわっふわの
雪が積もった菅平。

遊び隊員の準備は万端!ばっちり厚着をして、今日の遊び
スタート♪
 

さっそく「奥の森に行きたい!」の声。
とちゅうの一本橋を恐る恐るわたり、レッツゴー!

苔が閉じ込められたツララをはっけんしたり、動物の足跡
を追跡したりの大冒険♪

 
広場ではりっぱは雪だるまとかまくら!
「日なたの、表面の雪だけを使ったらちゃんとか固まったよ。」
なるほどー!

そしてよーく見ると、雪だるまの目玉が緑色!
「これどうやったの?」と聞くと、「草の汁で色を付けたんだよ。」
ほほう♪

雪野原では、はじまりました、雪合戦。
大人対子どもの、ホンキの戦いです。

まだ誰も歩いていないまっさらな雪の上に、キレイな植物の
タネを発見して、しばらく戦いが中断する一幕もありました。


締めくくりは、チョコレートフォンデュで森のクリスマスパーティー♪
火熾しに使った薪は、隊員たちのアイディアで、森から採って
きました^^

みんな口のまわりはチョコレートだらけ。みんなで一緒に
「モリ―クリスマス♪」
お鍋を舐めて、最後の最後までキレイに食べつくしました♪

2012年の森でモリモリ遊び隊は今日が最後。
今までの中で一番おおきな声で、「どうもありがとう!」
で終わりました。

次回はきっともっとモリモリな雪が、みんなを待ってるよ♪

吹雪のこんにゃくづくり

土曜日, 12月 1st, 2012

シュシュシュシュシュ~
 
外はしんしんと粉雪が降る中、薪ストーブであたたかい事務所に
こんにゃく芋をすりおろす音が響きます。
 

この時期になると「お~い、こんにゃくつくるぞ~」
と、会員さんがおいしいこんにゃく芋を持って、事務所に遊びに来てくれるのです。
スーパーで売られている黒と白のこんにゃくしか知らなかったころは、
このすりおろした時のピンク色に、とってもびっくりしました。
水とよく馴染んだら、火にかけながら、焦がさないように20分ほど煮ます。
炭酸ナトリウムを加えたら・・・ここからがスピード勝負!
師匠の手元は、写真ではぶれてしまうほどの見事なヘラさばきでした。
 

傍らの薪ストーブでは、焼き芋を作りながら、
今回は、何も入れないプレーンの他に「ゆず」「あおさ」「すりごま」こんにゃくも作りました。
 

出来立てを、刺身でペロリ!
舌の上でとろけていく、手作りこんにゃくは、本当に絶品。
食いしん坊のスタッフが2~3日で食べきってしまうので、
食べたい方は早めに事務所に遊びに来てくださいね。
師匠!今年もありがとうございました。