Archive for 9月, 2013

第3回 インタープリター養成講座 in 長野

日曜日, 9月 15th, 2013

 第3回目のインタープリター養成講座が開催されました。

9月15日、本日のテーマは『アイスブレイク』、『プログラムデザイン』です。

午前中は、皆さんに集まってもらってさっそく!

習うより慣れろ!と、アイスブレイクゲームを実際にいくつかやってみます。

頭を使う系のゲームでは、普段あんまり使ってない部分がフル回転!

「脳が沸騰する」なんて言葉も(笑)。

1人でするゲームからグループでするゲームに進んで、関係性が生まれてきます。

楽しく、緊張をほぐし、関係性をつくっていく。まさしくアイスブレイクとなりました。

その後、実際にやったアイスブレイクでの注意すべき所等を学びます。

それが終わると、今度はプログラムについて学びます。

プログラムの組み立てや企画、注意点、実践についての座学です。

昼食をはさんで午後からは、実際に実施されているプログラム、ネイチャートレイルを体験。

皆で歩くと、色んな知識がぽんぽんでてきてなかなかすすみません!

でも、知るって楽しい!

知識だけじゃなく、実際に匂いを嗅いでみたり、触ってみたり。

でもそれも知ってないとできないこと。引き出しは多ければ多いほどよいということで、

質問が飛び交い、好奇心のかたまりみたいな大人方ばかりで、楽しく学ぶことができました。

なにより、もう森の中は、秋模様。キノコに、どんぐり、種子。

実りの秋を迎えていました。季節変われば森の様子も新たな一面を見せてくれます。それもまた楽し。

そんな森の秋の実りに負けないくらい、実りの多い第3回インタープリター講座でした。

森を楽しむ講座 in 水木沢天然林・赤沢自然休養林

日曜日, 9月 8th, 2013

9月7、8日に「森を楽しむ講座」が開催されました。

今回は、水木沢天然林と赤沢自然休養林の観察です。

見どころは「平成17年に伊勢神宮に御神木を奉納するために伐採した時の切り株を見る事ができる」ということ。
木曽森林管理署の職員の方に先導していただき、特別に見させていただきました。
紹介は後ほど・・・

まず一日目は、水木沢天然林を散策しました。

水木沢天然林は、ヒノキ、サワラといった針葉樹とトチノキ、ブナといった広葉樹の混合林であることが特徴です。
同じ木がまっすぐ、規則正しく並んだ人工林とは違った森の姿があります。

樹齢約300年のヒノキやサワラにも出会うことができました。
つまり、江戸時代から生きている木ということ。

切り株に、樹木の種が落ちて新しい命が生まれていました。
いずれ、切り株は朽ちて、栄養となり、その上に新しい樹木が成長していきます。
やがて、切り株はなくなります。

樹木の世代交代です。
これを「倒木更新」といいます。

根の下に大きな空間があるのは、以前空間に倒木や切り株があった証です。 

木曽川の源流までいき、水木沢天然林を後にしました。

二日目は赤沢自然休養林の散策しました。
はじめに平成17年伊勢神宮御神木奉納のために伐採した場所に行きました。

これが御神木を切ったあとの切り株です。

斧で切るため、チェーンソーのように切り口がまっすぐではないです。
真ん中に水がたまるように、くぼみができるように切られています。
この日は雨だったので、ちょうど水がたまっていました。
早く切り株が腐るようにするためだそうです。

そして、また、そこにも新しい命が生まれます。

100年、200年、300年後、今回散策した森や普段歩いている森は、どんな姿になっているのだろうか。
見る事はできないけれど、考えさせられた、今回の講座でした。

第4回森でモリモリ遊び隊:夏の遊び隊キャンプ

月曜日, 9月 2nd, 2013

遊び隊もはやくも4回目!

今回は、夏の最後に!夏キャンプです!!

キャンプもすでに二回目。

チームごとにチーム名を決めて、テント立てをしようかなと。

立て方を説明しようかなと。思っていたら!

「だいじょうぶ!自分達で立てる!!」

と頼もしい言葉が。よしじゃあ一回任せてみようということで、お任せに。

すると、言葉通り、どんどんテントが立っていきます。

すごい!

そうこうしているうちにお昼ご飯。

色んな輪が出来上がってきています。遊び隊。

その後は、川で遊び隊と火をおこし隊に分かれます。

川で遊び隊は、夏の水遊びも最後だー!と言わんばかりに存分にびっしょびしょになって帰ってきました。

火おこし隊は、皆でおこしかたを教えあっています。

そのおこした火で、皆の入る五右衛門風呂の火に。

川遊び隊も戻ってきて、皆で入ります。

「熱そうだから入らない」と言っていたメンバーも、入って「気持ちいいー!!」と

叫んでいる子を見て「やっぱり入る!」と。

そうそうなんでもやってみてからじゃないとね!

何人入ってるでしょー???

五右衛門風呂の後は、もう夕ご飯を作らなくてはいけない時間!

今回も春キャンプに引き続き、食材を見て自分達でメニューを考える夕食づくり。

皆真剣です。

今回は、焼きそば、スープパスタ(おしゃれ!)、ぎょうざ、ナスの炒め物、キャベツの千切りサラダ、夏野菜の素揚げ!

その他にも色んなメニューが出来上がってました。

ご飯の後は夜のお楽しみ。

始めの会の時に今日は「くらやみかくれんぼ」と決定していました。

で、くらやみかくれんぼ実行委員会が結成され。

ルールを決めて皆に発表します。そして、司会進行も!

実行委員会中心に、くらやみかくれんぼスタート!

やっている途中に、大雨が!

急きょビニールハウスに逃げ込みしばらく避難。

そんな中でもしりとりをしたり、みずたまりを埋めてみたり。

どんな状況でも楽しんでる遊び隊の面々でした。たくましい。

次の日は希望者で早朝ハイキングに。日の出を見に行きました。

朝から皆元気です!

朝ご飯を食べて、その後はテントを片付けて竹細工。

そしてまたお昼ご飯の準備。

キャンプはご飯も自分達で準備なので、ちょっと時間がたてばすぐにご飯の準備をしなくちゃいけません。

でもそれこそキャンプ!

準備も片付けも自分達がやらなきゃ過ごせません。

お昼御飯の後は、次回の遊び隊祭りにむけての計画!

道具やさん、お菓子屋さん、銀行、くじ引きや、輪投げ探検や、射的屋などなど。

店の名前、メンバー、どうやるか、必要なものをワクワク楽しみながら考えます。

さて次回はどんな遊び隊祭りになるでしょうか。

そうして夏の遊び隊キャンプは終了となりました。

キャンプでは、楽しいコトも大変なコトもいっしょくたです。

でも大変なことも楽しくなることだってあります。

楽しむ才能をたくさん持っている遊び隊メンバー。

大変なことも楽しむことができれば最強じゃないかな!

今年度遊び隊はあと6回!どんな風になっていくか、皆でもっともっと楽しもう!楽しみ!